ここから本文です

《1万字でわかる2020年の地政学》「韓国・文在寅の暴走」は米中のパワーバランス崩壊が生んだ“大事件“だった!  トランプ弾劾と大統領選、裸の王様と化した習近平、韓国総選挙と北のミサイル、香港デモ、ブレグジット、ドイツでの極右台頭……中西輝政・京都大学名誉教授インタビュー

1/1(水) 6:00配信 有料

文春オンライン

中西輝政・京都大学名誉教授 (c)文藝春秋

 2020年の幕が上がりました。今年は、国際政治の大きな節目となる年です。1月11日、台湾総統選が行われるのを皮切りに、1月末にはイギリスのEU離脱も現実のものとなりそうです。4月には文在寅政権の今後を占う韓国の総選挙が行われ、夏の東京オリンピックが終わると、11月には米大統領選挙が待っています。

 この2020年という年に、さらには、いまスタートを切った2020年代という時代に、何が待ち受けているのか。一年の初めにじっくりと考えてみたいと思います。 本文:14,208文字 写真:10枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

中西 輝政/週刊文春 デジタル

最終更新:1/1(水) 6:00
記事提供期間:2020/1/1(水)~12/26(土)
文春オンライン

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る