ここから本文です

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――言いようのない不安で涙が止まらない

1/2(木) 13:03配信

サライ.jp

取材・文/坂口鈴香

静岡に住む母親のトキ子さん(仮名・91)が認知症になり、上野明美さん(仮名・59)の東京・静岡間の遠距離介護がはじまった。トキ子さんの異変を感じてから何年も経って、ようやく介護認定を受け、介護サービスを受けることができるようになったものの、トキ子さんは「年寄りばかりいるところには、絶対に行かない」とデイサービスを拒否。そのころのトキ子さんはまだ元気だったと上野さんは振り返る。

■言いようのない不安で涙が止まらない

「ある日突然介護が必要になる」とよく言われるが、上野さん家族にもそんなときがやってきた。

トキ子さんが自宅で転倒、大腿骨を骨折して入院した。そのうえ、トキ子さんを抱え起こそうとした父親の竜二さん(仮名・93)まで腰を痛め、入院。両親ともに要介護となったのだ。

病院から新しいケアマネジャーを紹介され、ケアマネジャーが交代した。上野さんはケアマネージャーと相談して介護ベッドを導入するとともに、住宅を改修して手すりやスロープをつけ、両親が退院後自宅で生活する環境を整えた。

上野さんは、何か起こるたびに東京から静岡に駆けつけた。その心身の負担は、両親の状況が悪化するにつれてますます増大していった。

50代に入るころからはじまった更年期と、トキ子さんの認知症介護が重なった期間は、特につらかったと振り返る。

「言いようのない不安で涙が止まらなくなり、体中から汗が噴き出てくる。もうこの先、真っ暗という絶望的な気持ちでした」

■3回のケアマネジャー選び

上野さんの支えとなったのは、3代目となったケアマネジャーだった。

「母が胆管結石で入院したのですが、そのとき2人目のケアマネジャーの契約がいったん切れたので、新しくケアマネジャーを探しました。ケアマネージャー選びも3回目なので、私の目も肥えてきています。パンフレットを見たり、知人に相談したりして、数人の候補から私が直接面談して決めました。それで今の3代目のケアマネジャーを選んだのですが、その人の対応を見て、それまでのケアマネジャーがいかに良くなかったのかわかりました」

比較したことではじめて、ケアマネージャーの良し悪しが見えてきたのだ。

1/2ページ

最終更新:1/2(木) 14:14
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ