ここから本文です

青学・原監督「強いチームは指示待ちしない」

1/3(金) 19:50配信

東洋経済オンライン

96回目を迎えたお正月恒例の箱根駅伝。青山学院大学陸上競技部(以下、青学陸上競技部)が2年ぶり5度目の総合優勝に輝きました。
昨年こそ東海大学に敗れ5連覇を逃したものの、王座に返り咲き。青山学院大学の強さがいまだ健在であることを示しました。かつては箱根駅伝の予選会さえ通過できない弱小チームをここまでに強くし、さらに勝ち続ける集団へと育ててきたのが、原晋監督です。著書『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』にも記されている常勝チームのつくり方を明かします。

■選手を成長させていくことが役割

 2年ぶりに箱根駅伝の優勝を果たすことができました。青山学院大学陸上競技部(以下、青学陸上競技部)が、大学駅伝の歴史にまたひとつ大きな足跡を残せたのではないかと思っています。

 しかし、私が青学陸上競技部の監督に就任した2004年当時は、箱根駅伝の予選会さえ通過できない弱いチームでした。ようやくチームが結果を出し始めたのは、2008年です。33年ぶりに予選会を突破し、2009年1月の箱根駅伝本選に出場しました。翌年の本選では、8位に入賞してシード権を獲得したことが思い出されます。

 選手たちは自信を持ってレースに挑み、笑顔で走り切って、結果を出してくれました。私は、彼らがこれからの日本陸上界を支える貴重な人材になったり、企業に就職してその会社を支える有益な人材になってくれると思っています。そのために、箱根駅伝や陸上競技を通して彼らを成長させていくことが私の役割だと思っています。

 「強いチームをつくるうえで、監督の役割は?」――。

 よく聞かれる質問です。私の理想は、監督が指示を出さなくても部員それぞれがやるべきことを考えて、実行できるチームです。つまり、指示待ち集団ではなく、「考える」集団。言葉にするのは簡単ですが、考える集団をつくるには、豊かに実る土壌づくりと同様に相応の時間と労力が必要です。

1/6ページ

最終更新:1/3(金) 20:10
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事