ここから本文です

【恋愛の本音】彼のためならお金も時間も捧げます。貢いでしまう女子たちの理想と現実

1/4(土) 20:02配信

NET ViVi

推しに認知されること、直接声をかけてもらえること……アイドル本人にとっては一瞬のことかもしれないけれど、ファンにとってはすごく大きな宝物だということがよくわかるコメントがずらり。そして美咲さんの話のように、最近ではファンと推しがSNSで交流できるケースもあるので、その絶妙な距離感は中毒性がありそう。

テーマ3:自分の生活への影響は?

陽菜さん
やっぱり財布への影響だよね。地方への遠征で出費がかさむときは、食費はかなり削ってる。納豆ご飯、豆腐、もやしのルーティンで体重も減ったかな。お肉なんてめったに食べられないよ(苦笑)。
あとはイベントごとに服や化粧品を買ったり、美容院に行ったり……阪本がアイドル系の女の子がタイプと聞いたのでメイクや髪型を超研究した。好きな人には身綺麗にして会いに行きたい、そのためにお金がかかってしまうのは仕方ない

美咲さん
生活の中心が推しになるよね。私は、推しのために24時間起きてたことがあるよ

二人
え!? なんで?

美咲さん
メンバーが交代で24時間ぶっ続けで配信する「24時間リレー」という企画があって、ほんのちょっとでも聴き逃したくなくて。

推しじゃないメンバーが「学生時代は野球部で副キャプテンだった」とか推しのエピソードを話したりするから。

マリさん
私は生活というよりも、自分の性格や内面への影響が大きいかな。基本的に貢いだり、相手の都合に合わせるクセがついちゃったから、今ちょっとリハビリ中。

たまに食事に行っている年上の人がいるんだけど、その人はサラダを取り分けてくれたり、こまめに電話をくれたり、今まで全部、私が相手にやっていたことをしてくれる人で。でもそれだとまだ違和感があって……。

陽菜さん
時間がかかりそうだね

美咲さん
影響が大きいという意味では、私は進路にも影響があったよ。
実は数年前にプロレスにハマっていた時期があって、当時はオカダカズチカ選手にガチ恋していたんだけど、大学進学で上京したのも「カズタン」が東京にいたからだし、学校を選んだのも後楽園ホールに近いところにキャンパスがあったから、と言う理由だったな~

3/5ページ

最終更新:1/4(土) 20:02
NET ViVi

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事