ここから本文です

島袋聖南「ズバリ付き合える年下男子、付き合えない年下男子の見分け方」【年下男子の落とし方】

1/4(土) 21:40配信

with online

単に甘えたいだけの年下には注意!

一方、世の中にはとにかく女性には甘えようと思っている、寄生体質の年下男子もいます。こういう人は、日常生活を少し共ににすればわかってくるもの。始めの頃こそ、食事代にせよ、家事にせよ、「一応自分も……」というそぶりを見せますが、そのあとは加速度的に何もしなくなる、お金も出さなくなる(笑)。だいたい部屋のドアは開けっ放し、電気もつけっぱなし、洗濯機も開けっ放し……何もかもがやりっぱなしという生活態度からは、他人任せな性格が透けて見えていた気がします。

それでも恋をしているときは、自分が頑張ることで何かが変わるんじゃないか、いつかは彼も間違いに気づいて、「今までありがとう」って言ってくれるんじゃないか……と女性側は期待してしまったりもするのですが、そんな日は、来ないです!(笑)

気がついたら彼のお母さんか家政婦さんになってしまっている……という状況は、年上でも年下でも、「世話好きな女の子あるある」ですよね。こうなってしまったら、もう残念ながらそれが変わることはないんですよね。これは「年下だから仕方ない」とかそういう問題ではないですよ! 完全に、人間性の問題なので、甘んじて受け入れる必要はないんです。

こんな人と付き合い続けると、こちらはどんどん消耗してしまう。そんな相手だったら、思い切って断ち切る勇気が必要だと思います。

時には家族構成がヒントになることも?

「いい年下」「ダメな年下」の見分けにどこまで役に立つかわからないのですが、人を見る方法として、ここで私の持論を一つ。それは、「彼の家族構成を見る」ということ。これはあくまで持論ですよ? でも、やっぱり彼が長男か次男か、一人っ子か兄弟ありかなどの家族構成って性格にやや影響していると思うんです。それによって、自分と合う合わないなどのパターンも何となくあるので、時には参考になることもあるなぁと。私の場合は長女なのですが、相手は一人っ子か長男というパターンが多くて、「次男」などはあまりいないんです……なんででしょうね(笑)

私の印象では、一人っ子ってやっぱり「甘えん坊」が多い。ただ、可愛がられて育ってきて、“弱肉強食”を知らないからか、どこかおっとりしていて、ご飯を食べるのもゆっくりだったり、ゆとりを感じじることが多いです。

そんな“余裕のある雰囲気”が、「しっかりしなきゃ!」って気を張り詰めてきた長女の私には心地いいんだな、というのが私自身の分析です(笑)。そういう食い合わせのバランスみたいなものってありますからね。長男がパートナーの場合も、最初の子で可愛がられてきた……みたいなタイプは似たような感じで、私は割と相性が良いようです。「甘えん坊」と一口に言っても、のびのび育ってきた甘えなのか、ずる賢い甘えなのかは違いますから、家族構成はそれを見極める判断材料になることも……時にはあるのかも?

まぁもちろんいろいろな人がいますので一概には言えませんが……以上、ヒントのひとつでした!

あ、そうそう、関連して「彼がどんな女性と付き合ってきたか」も、彼を知る上でのヒントになることも。「年上の彼女が多い」「年下の彼女が多い」などの情報からも、彼が何を重視していて、何を求めて女性と付気合うのかがなんとなーく読み取れますよね(笑)。「ちょっとどんな人かわかりにくいなー」という彼の場合は、そんな背景も参考にして考えてもいいかもしれませんね!

2/3ページ

最終更新:1/4(土) 21:40
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ