ここから本文です

正月太り解消!プチ断食ダイエット胃腸を休めるやり方

1/5(日) 20:00配信

ハルメクWEB

暴飲暴食で重たくなった体をスッキリ若返り

正月太りに解消に効果的な簡単プチ断食ダイエットの方法について解説します。暴飲暴食のせいで、体重増加や胃腸が疲れているときにオススメ! ダイエットエキスパートの和田清香さんに、プチ断食のやり方について聞きました。

お正月明けの胃腸はお疲れモード

楽しかった年末年始。食べ過ぎ飲み過ぎで体がダル重くて太った……そんな方も多いのではないでしょうか?
カロリーオーバーで消化吸収が追いつかず、胃腸はお疲れ状態。そんな時は、いったん、食事量を控えて消化のいい物のみを摂取して消化機能を休ませてあげることが必要です。
そうすると、本来の機能が回復すると同時に、代謝機能もアップして痩せやすいカラダ作りに近づきます。また摂取するカロリーも減るので、蓄えている脂肪がエネルギーとして使われ、正月太り解消の効果も!
特に痩せにくくなる大人世代は、年末年始で太った体重は、1月中にリセットしておくことが賢明です。

簡単にできる「プチ断食ダイエット」とは?

「断食=水しか飲まない」というつらいイメージがあるかもしれませんが、プチ断食は栄養を取りながら行うので、キレイに痩せられるのが最大のメリットです。
丸1日水のみで過ごすプチ断食は、体調を悪化させる危険性もあるため、更年期50代女性には絶対NG。焦らず、ゆっくり、無理をせずが鉄則。
1日だけのプチ断食でも効果はありますが、おすすめは「週末に行う2日間のプチ断食」。胃腸を休めると、月曜日からのカラダが軽くなり、家事も仕事もはかどりますよ!

プチ断食のやり方・メニュー【1日目】飲み物のみ

1日目は固形物を食べず、胃腸に負担をかけない飲み物のみで過ごします。野菜ジュースやスムージーだけでもいいですし、スムージーとヨーグルト、甘酒を組み合わせるなど、お好みで選んでください。朝・昼・晩にわけて、1日3回程度飲みましょう。
また、水・お茶・ハーブティーはいつでも飲んでOKなので、空腹を感じたら、こまめに飲むようにしましょう。
■スムージー
野菜や果物をミキサーで混ぜるスムージーは、季節の栄養素をたっぷり取ることができます。糖質の低い果物(かんきつ類やリンゴなど)と葉物野菜(小松菜、チンゲン菜、セロリなど)に、水をコップ半分ほど入れてジューサーで作ります。1回にコップ1杯程度の量が目安です。
■市販の野菜ジュース(人参ジュース)
スムージーを手作りするのが面倒という人に便利なのが、市販の野菜ジュース。中でも人参ジュースは、ビタミンCや食物繊維を含み、免疫力を高めるβカロテン(ビタミンA)が豊富なのでオススメ。1回にコップ1杯程度の量が目安です。
■ヨーグルト
整腸作用のあるヨーグルトは、砂糖の入れ過ぎには注意してください。1回に100ml前後の量が目安です。
■甘酒
飲む美容液とも呼ばれ、甘さが恋しくなった時のおやつ代わりにもぴったり。1回にコップ1杯程度の量が目安です。
■水分多めなおかゆ
どうしてもお腹が空いてしまう人は、おかゆをプラスしてもOK。お茶碗1杯程度を、3回程度に分けて食べましょう。

1/2ページ

最終更新:1/8(水) 19:00
ハルメクWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ