ここから本文です

木下優樹菜&フジモン、壮絶離婚の背景にDV騒動も

1/5(日) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 芸能界には、年末年始に結婚や離婚のニュースが集中する“トレンド”がある。ワイドショーなどの情報番組が放送を休むため、露出を避けたい芸能人が、このタイミングを選ぶ。今回、最も世間を驚かせたのは、慌ただしい2019年の大晦日に離婚した木下優樹菜(32才)とフジモンことFUJIWARAの藤本敏史(49才)だろう。

【写真】激ヤセ!黒マスクの木下優樹菜のプライベート姿

「お笑い芸人にとって離婚はネタにもなる。あえてこのタイミングにしたのは、笑いに変えられない事情があったからでしょう」(芸能関係者)

 ふたりは2010年8月に結婚。おしどり夫婦として知られ、2012年に長女を、2015年には次女を出産すると、木下はママタレントとして、藤本はイクメン芸人としての顔も持つようになった。

 誰もが羨む理想の“フジモンファミリー”に、近年はほころびが見えていたという。

「長女が小学校受験をする際に、進学先を巡って衝突することが増えたそうです。お受験を考えていた優樹菜さんと、幼稚園からエスカレーター式に上がれるインターナショナルスクールのままでいいという藤本さんとで意見が割れた。これまでは17才年上の藤本さんが一歩引いて接していたけど、子供のことをきっかけに藤本さんは何につけても優樹菜さんに、文句を言うようになっていたんです。

 けんかが増え、時には罵声が飛び交うようになると、優樹菜さんは彼の言動を“モラハラ”だと感じるようになっていったといいます。決定打となったのは1年ほど前の大きな衝突。互いに手が出るようなけんかになり、DVとも取れるほど激しかったようです。そこから本気で離婚について話し合い、マンション内別居も始まりました」(木下の知人)

 だが、2019年の8月28日、9回目の結婚記念日となったこの日、木下は自身のインスタグラムに、仲睦まじい夫婦の写真をアップした。

「子供のことを考え、やり直すという可能性もあったんです。そんな中、タピオカ恫喝騒動が起きました」(前出・木下の知人)

1/2ページ

最終更新:1/6(月) 7:33
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事