ここから本文です

沢尻エリカ、「安倍総理主治医」の紹介で慶応病院へ 特別個室で入院生活

1/6(月) 11:01配信

デイリー新潮

 著名芸能人の薬物摘発が相次いだ2019年。最たる例が沢尻エリカ(33)であろう。そのお騒がせ女優が匿われているのは、あの大病院。キッカケは総理の主治医の存在だった……。

【全身ショット】小顔で抜群に美しい「沢尻エリカ」

 合成麻薬「MDMA」「LSD」の所持で起訴された沢尻。1月末には初公判が予定されている。

「初犯ですから、判決に執行猶予が付くのは確実ですね」

 と言うのは、元「マトリ」の高濱良次氏である。

「ただ、常習ではないにしろ、10年以上の使用歴があるというのは、立派な依存症と言えますから、まずは3カ月程度の入院、そして、その後も長い通院が必要となるはずです」

 復帰への道のり遥かな彼女がいま、身を寄せるのは都内新宿区にある慶応大学病院。言わずと知れた日本を代表する大病院である。

「12月の頭に起訴。即日、保釈された沢尻は……」

 と言うのは、スポーツ紙の芸能デスク。

「湾岸署から出たその足で、マスコミが追いかける中、そのまま入院しました」

 むろん渦中の人物である彼女が一般病室に入るワケもない。向かった先は特別個室。同病院のHPにある紹介文によれば、

〇入退室に専用カードキー

〇コンシェルジュが身の回りをサポート

〇特別に用意されたアメニティ

〇一般病棟とは異なる食事

 全室シャワー・トイレ完備で、テレビもインターネットへの接続も可。要は、マスコミも周囲の好奇の目も遮断し、快適な生活を送れる「隠れ家」が出来たというワケなのだ。

500万円以上の…

 むろん特別個室にも、1泊5万円から24万円のものまで「ランク」がある。沢尻はこのうち、最も豪華な部屋に入った、との報道もあったけれど、

「いや実際は数万円のところです」

 とは、事務所関係者。

「いまは全身の検査を受け、結果が出はじめたところ。面会も家族に限り、生活リズムを元に戻すことに専念しています。空いた時間は読書などをして過ごしているみたいですね。まもなく依存の程度に従ってプログラムが組まれ、いよいよ治療が始まります」

 と言うから、体制は万全。一度地に堕ちた女優にとっては最良の選択だが、

「うちに入れたのは、ある著名な准教授の紹介だったことが大きいんです」

 と言うのは、さる慶応病院の関係者である。

 その准教授の名は永田町ではよく知られている。5年ほど前から前任の引継ぎで、潰瘍性大腸炎の難病を抱える、安倍総理の主治医を務める人物だ。

「がんの専門医ですが、総理の信頼は厚い。求めに応じ、私邸や行きつけのジムで“診察”を続けています。実は彼と沢尻さんの所属事務所の間に付き合いがあり、その縁で彼女をうちに繋いだんです」(同)

 仮に3カ月を超える長期入院となれば、一番安い部屋としても500万円以上に上る計算になる。

「費用は本人と家族持ち」(前出・事務所関係者)というが、

「これだけの事件を起こし、巨額の賠償金の支払いも確実と言われる中で、至れり尽くせりの事務所のサポート……。お姫様扱いをしたくなる、何かを持っているということでしょうか」(前出・デスク)

 やっぱりこの人、本質は「エリカ様」なのである。

「週刊新潮」2020年1月2・9日号 掲載

新潮社

最終更新:1/6(月) 14:47
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事