ここから本文です

論争中の恐竜ナノティラヌス、実は若いティラノサウルスだった、新たな証拠

1/7(火) 17:12配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

「ナノティラヌスは存在しなかったという説をダメ押しするような結果」と研究者

 6600万年前、北米の大地には、王者ティラノサウルス・レックス(Tレックス)の足音が鳴り響いていた。Tレックスの化石は、白亜紀の地層から豊富に見つかっている。にもかかわらず、孵化してからあれほど巨大になるまでの成長過程については、これまでのところ手がかりが少なかった。

ギャラリー:奇跡的に保存状態の良い、世界の恐竜化石 写真23点

 だがこのほど、未成熟なティラノサウルス類の骨の断面を詳細に分析した結果が、1月1日付けで学術誌「Science Advances」に発表された。論文は、Tレックスの成長速度がその時々で変化していたことを示唆。食物が少ないときには成長を遅くすることができ、進化上の利点となっていた可能性がある。

 この研究はまた、もともと異論の多かった「ナノティラヌス」と呼ばれる恐竜の存在に、さらなる疑問を投げかけている。ナノティラヌスは、古生物学者らが1980年代に、Tレックスとは別のティラノサウルス類の新種と分類した小柄な肉食恐竜。しかし、研究が進むにつれて多くの専門家が、ナノティラヌスの化石はおそらく成長途上のTレックスだろうと考えるようになった。

 今回、研究対象になったのも、ナノティラヌスの可能性がある骨。その微細な構造を初めて調査した結果、調べられた2体の化石については、未成熟な個体であると確認された。つまり、可能性は2つに1つ。この化石がナノティラヌスだとすれば、成熟した個体がまだ発見されていないか、もしくは、ナノティラヌスは存在せず、調査された化石は若いTレックスであるかだ。後者であれば、これらはTレックスの重要な発達段階を垣間見せてくれる化石だということになる。

「Tレックスほどの有名な恐竜ですら、まだわかっていないことが多いのです」と論文の著者で米オクラホマ州立大学健康科学センターの古生物学者ホリー・ウッドワード氏は話す。「卵からかえってから、どうやって体重9トンの巨体になるのか、その生活史はほとんどわかっていません」

1/3ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事