ここから本文です

トレーニングしているのに、結果が出ない人必見! 「腹筋」は、15分で鍛えられる!

1/7(火) 22:02配信

ウィメンズヘルス

腹筋を引き締めるために、クランチを始めたけれど、結果が出ない。

じゃあ、どうすればいいのって? 大丈夫、クランチなしの15分ワークアウトで美腹筋が手に入るから。でも、その前に体幹を鍛えるべき理由から説明しよう。この内容をイギリス版ウィメンズヘルスからご紹介。

【写真】保存版! 脂肪燃焼フードBEST15

上体起こしをしなくても腹筋は鍛えられるの?

科学的根拠に基づいてイエスと言おう。「体幹はひとつの筋肉ではなく、胴体をぐるっと囲む複数の筋肉で構成されています。体幹の筋肉は、腰や背骨、首や肩にもつながっています」と説明するのは、パフォーマンスコーチのブレット・クリカ。「腹直筋またはシックスパック筋は、体幹の筋肉のほんの一部に過ぎません」。つまり、腹直筋だけを鍛えていると理想の体幹が手に入らないどころか、逆に遠のいてしまうということ。

クリカによると、クランチはやるだけ無駄。腹直筋以外の筋肉をほとんど鍛えてくれないし、1日中背中を丸めて座っているなら、それ以上前屈運動を増やすのは避けるべき。

腹筋エクササイズで、おなか周りの脂肪は減るの?

あなたが毎日元気に体を動かすためには、強い体幹が不可欠。よって体幹を鍛えることには、見た目をよくする以上のメリットがある。新たな研究によって、三角筋と臀筋を使う動作はクランチよりも腹筋を活性化することが分かった。

「片脚で行うエクササイズは、体幹を効果的に鍛えてくれます」とクリカ。「難しいので最初のうちは、ヒップブリッジやステップアップ、ブルガリアン・スプリットスクワットといった自重エクササイズを片脚でやってみましょう。片脚しか使えないということは、体のバランスを取るために、体幹がいつも以上に頑張らなければならないということです」

腹筋が強いことによるメリットは?

----------

1.けがをしにくくなる

米ラトガーズ大学ヘルス&ヒューマンパフォーマンスセンターに所属するトレーニング&コンディショニングディレクターのミシェル・アレントによると、強い体幹はけが(特に腰と膝のけが)の防止に大いに役立つ。これまでの研究によって、体幹が強い女性は片脚のスクワットやランジで膝をコントロールするのがうまいため、膝の靭帯を傷めにくいことが分かっている。アレントいわく、体幹が強ければ骨盤と大腿(だいたい)骨も安定しやすい。また、けがや痛みの防止には(体幹の一部である)臀筋が大きな役割を果たす。要するに体幹は、安全なワークアウトの土台。

1/3ページ

最終更新:1/28(火) 15:08
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ