ここから本文です

清水章吾、40年DV報道後に自殺未遂 元妻は「パフォーマンスですよ」

1/7(火) 16:59配信

デイリー新潮

 昨年末に週刊新潮が報じた、俳優・清水省吾(76)による40年DV。ドイツ人の父を持つ再婚相手のハルマンさん(69)の連れ子・絹子さん(45)に残飯を食べさせるといった清水の所業を、元妻と娘が実名で告発したものである。この報道後、清水は驚きの行動に出ていた。

【音声】清水の「ぶっ殺すぞ」音声

 ***

 清水とハルマンさんは昨年11月に離婚が成立しているものの、清水は元妻娘が暮らす自宅に居座り続けている。週刊新潮の報道を受けたキー局のテレビクルーが、そんな清水のもとを訪れた昨年12月25日のことだった。

「夕方にワイドショーのスタッフさんがこの件について自宅へ取材に来ていました。ところが、家にいるはずの本人の携帯にかけても、呼び鈴を鳴らしても出てこないというので、仕方なく私が部屋へ行くことになったのです」(ハルマンさん)

 自宅の2階にある清水の部屋へと向かったハルマンさん。そこには、お経を流しながらベッドに横たわる清水の姿があった。併せて〈ファンの皆様ありがとう!! 〉と、遺書らしき言葉も残されていた……。

 清水の意識はなく、ハルマンさんは慌てて警察と救急に通報。後に、睡眠導入剤のハルシオンを約20錠服用し、自殺を図ったと警察から説明を受けた。命に別状はないという。
 もっともハルマンさんは、

「かまってほしい、という彼のパフォーマンスですよ」

 と突き放す。実は清水が“自殺”を試みるのは、これが2回目なのだとか。1月8日発売の週刊新潮で、前回の様子とあわせ、「病院の食事もパクパク食べている」(ハルマンさん)という清水の近況を報じる。

「週刊新潮」2020年1月16日号 掲載

新潮社

最終更新:1/7(火) 17:28
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ