ここから本文です

高橋文哉&奥野壮ら“令和仮面ライダー”が書き初めに挑戦!岡田龍太郎「脱・五里霧中」

1/8(水) 7:05配信

ザテレビジョン

1月7日、映画「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」の大ヒットを記念して東京のユナイテッド・シネマ豊洲で舞台挨拶が行われ、「仮面ライダーゼロワン」から高橋文哉(飛電或人/仮面ライダーゼロワン役)、岡田龍太郎(不破諫/仮面ライダーバルカン役)、鶴嶋乃愛(イズ役)、井桁弘恵(刃唯阿/仮面ライダーバルキリー役)、「仮面ライダージオウ」から奥野壮(常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ役)、押田岳(明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ役)、大幡しえり(ツクヨミ/仮面ライダーツクヨミ役)が登壇した。

【写真を見る】“ジオウ”&“ゼロワン”令和仮面ライダーたちの今年の抱負書き初めSHOT

記念すべき“令和仮面ライダー”シリーズの劇場版第1作となった本作は昨年12月21日に公開され、大ヒットを記録。多くのリピーターを生み、この会場の中にも10回以上観た人もいたほど。

7人でのトークセッションでは撮影中のエピソードを明かしたり、「とにかく健康には気をつけてください」(奥野)といった“ジオウ”チームからこれからドラマ版の撮影が続く“ゼロワン”チームへのエールを送るなど、会場を盛り上げた後、新年ということで2020年の抱負を書いた“書き初め”が披露された。

■ 「仮面ライダーゼロワン」チームが“書き初め”発表

まずは「仮面ライダーゼロワン」チームから発表。井桁が書いた抱負は「丁寧」。「仕事は丁寧に目の前のことをひとつずつ頑張っていきたいなと思いつつ、自分自身に関しても一日一日丁寧に生きていきたいですという思いを込めて」とその理由を語った。

鶴嶋は「内面からも潤いが満ち溢れる女性になりたいという意味もありますし、今年一年、潤いのある年になればいいなと思って」という理由で「潤い」。

岡田は「脱・五里霧中」。「芸能界は一寸先は闇というか、五里霧中なところがあるんですよ。その五里霧中を少しでも脱却していきたいという気持ちで頑張ってます」と説明。

そして高橋は「初志貫徹」。「“初心忘るべからず”というのがずっとあるんですが、自分が演じる“飛電或人”という役、そして『ゼロワン』という番組名を背負わせていただいてる分、責任を持って志したものを忘れずに、これから1年間と言わず、これからずっと頑張っていきたい」と意気込みを伝えた。

■ 「仮面ライダージオウ」チームが“書き初め”披露

続いて「仮面ライダージオウ」チーム。大幡は「ジオウの中でツクヨミはいつも全力疾走していたこともありつつ、ジオウの現場で学んだことをこれからの現場で生かしながらいろんな役を全力疾走でやり遂げたいと思って」という理由で「全力疾走」。

押田は書いた文字同様、力強い声で「前進!」と発表し、「習字で“!”はあり得ないと思いますけど、型にはまらず前進していきたい。そして1年間皆さんにお世話になった分、恩返しができれば」と思いを語った。

奥野は「挑」。「いろんなことに挑戦していこうという年にしたいなと思って“挑”にしました。挑戦って書きたかったんですけど、2文字はちょっと難しいなと思ったので一文字にしてみました」と話して場を和ませた。

最後は、「仮面ライダーゼロワン」を代表して高橋が感謝の気持ちを伝え始めるが「この中で10回観ていただいた方がいらっしゃるということですが、本当に観ていただいてありがとうございました! 奥野さん、押田さん、大幡さん、そして渡邊(圭佑)さん、そしてジオウに関わった方々…」と、この場にいない渡邊の名前を出したことで会場がざわつくと、「僕には渡邊さんが見えるんです」と答えた。

「怖い、怖い」と周りからツッコミが入りつつも「ジオウに関わった方から全てを受け取って、その思い全てをゼロワンにぶつけて、もっともっと面白くなっていきますのでこれからも、今年もゼロワンをよろしくお願いします!」とアピール。

「仮面ライダージオウ」からは代表して奥野が「たくさんの人たちに見ていただいて僕たちは幸せです。これからはジオウの方は…、あ、まだあるな。2月にゲイツ・マジェスティ(Vシネクスト「仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」)がね。彼(仮面ライダーゲイツ)のすっごいかっこいい映画が出来上がってるのでそちらもチェックしていただければ。そしてもちろん、毎週面白いものができているのでゼロワンの方もよろしくお願いします」と観客に呼びかけてイベントを締めくくった。

(ザテレビジョン・取材・文・撮影=田中隆信)

最終更新:1/8(水) 7:05
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ