ここから本文です

MF藤本淳吾、ガンバ大阪を退団。昨季途中から京都サンガに期限付き移籍

1/8(水) 13:29配信

フットボールチャンネル

 J1のガンバ大阪が8日、MF藤本淳吾との契約満了を発表した。クラブの公式サイトで発表されている。

 藤本は桐光学園高校から筑波大学に進学し、2006年に清水エスパルスに入団。その後、名古屋グランパス、横浜F・マリノスを経て2016年にG大阪に加入した。昨年7月には京都サンガF.C.に期限付き移籍となり、リーグ戦8試合に出場した。

 京都サンガも同日に藤本の期限付き移籍期間終了を発表。京都サンガのクラブ公式サイトで藤本は「残念な結果にはなりましたけど、みんなとサッカーをできたことが楽しかったです。今年、新しいスタジアムでいいサッカーをして、J1に上がれることを願っています。ありがとうございました」とコメント。

 G大阪の公式サイトでは「3年半お世話になりました。またどこかで会えると思うので、大好きなサッカーのためにお互いに頑張りましょう」とコメントしている。

 現在35歳の藤本。新天地はどこになるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:1/8(水) 13:29
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事