ここから本文です

告発の国、韓国 MeToo余波で芸能人の「黒歴史」暴かれる

1/9(木) 17:55配信

ニューズウィーク日本版

性暴力の告発から始まったMeTooの動きは、日本そして韓国にも大きな影響を与えている

1月7日、ニューヨーク・マンハッタンの裁判所で、ハーヴェイ・ワインスタインの裁判が始まった。映画界のみならず世界に衝撃を与えた事件は、「#MeToo」という性暴力告発運動を巻き起こすきっかけとなった。

[動画]黒歴史を暴かれたK-POPスター

世界中に広がった「#MeToo」だが、日本ではそれ以上に職場での長時間残業や精神的な苦痛を与えるハラスメントが社会問題化。さらにはそこから拡大して、麺類を音を立ててすする「ヌードルハラスメント」、職場などでお菓子を配らない、あるいは好きではないのに食べることを要求する「お菓子ハラスメント」など、従来あったパワハラやセクハラ以外にも、今やさまざまな「〇〇ハラスメント」が増加している。インターネットで検索してみると、30~50種類以上さまざまなものがあるようだ。

一方、お隣りの韓国では「#MeToo」という言葉から派生した様々な「〇〇Too」が登場した。なかでも2019年ニュースでも取り上げられて話題となったのが「学Too」と「ビッ(借金)Too」だ。

学Tooとは、その字の通り学校時代のいじめなどに関連する訴えである。学生時代いじめられた経験のある人が、SNSで過去の体験を暴露し始めている。また、ビッ(借金)Tooは、本人もしくは家族や親せきが作った借金や、詐欺行為を暴露されるという意味である。

この2つの言葉が広まったのは両方とも芸能人へ向けた訴えからきている。現在人気者になって輝かしくTV画面に登場する芸能人に、過去いじめられた経験がある人やお金を貸したのにいまだに返済されておらず悔しい思いをしている人たちが、SNSの力を利用して「〇〇Too」と訴え始めたのだ。

学生時代のいじめを告発された芸能人たち

K-POPの人気女性歌手ヒョリンは、中学生時代に3年間にわたっていじめられていたとしてSNSを通じて告発された。健康的なイメージのヒョリンの過去を暴いたAさんによると、ヒョリンはAさんを長年にわたって脅迫、洋服や現金を奪ったほか、Aさんとその友人たちに暴行を加えていた。しかも、暴行するときは必ず相手にも自分を一度殴らせて、双方による暴行という形にしていたという。

ヒョリン側は一度はこの訴えを否定し、逆にAさんを名誉毀損で訴えるとしていたが、最終的に「Aさんと話し合い円満解決した」と発表した。だが、その後もネット上にはヒョリンに対し#学Tooの付いたコメントが続き、ヒョリン側の対応のまずさが目立った騒動だった。

ヒョリンは女性アイドルグループSISTERのメインボーカルとして高い人気をもち、2018年グループ解散後は個人事務所を立ち上げソロ活動をスタートしたばかり。真実がどうであれ、イメージ管理が商売に大きく影響する芸能人にとって、この学Tooは打撃となってしまった。

また、人気バンドJannabiのメンバーだったユ・ヨンヒョンも、学Tooの対象となった。被害者は学生時代に発話に障害があったが、「当時それを現在Jannabiで活動するメンバーのひとりにからかわれ、ビニール袋で顔を覆った状態でロッカーに閉じ込められた。今もその時の後遺症で精神療法を受けている」と暴行を訴えた。その直後、Jannabi側は「指摘されたメンバーはユ・ヨンヒョンであり、本人はこれを認め、自らバンドを脱退することにした」と発表。バンドも当面の活動を自粛することとなった。

学Tooはデビューを目指している練習生にも起きた。日本バージョンも制作・放送され人気のあったアイドルオーディション番組『プロデュースX101』に出場していた練習生ユン・ソビンは番組登場後、学生時代に問題児だったというメッセージとともに、制服を着た姿で飲酒や喫煙する写真がネット上に広がり番組を降板。所属事務所JYPエンターテイメントからも契約解除される騒ぎとなった。

<かつては「武勇伝」としてメディアで自慢されたが>

韓国は上下関係が、日本よりもはっきりとしている国だ。儒教のせいだという説もあれば、徴兵制のため軍隊で上下関係を徹底的に教え込まれるためという説など様々な意見がある。筆者は韓国でソウル芸術大学を卒業したが、本人の年齢に関係なく入学年度で上下関係が決められ、先輩から受けるシゴキを何度も体験し、日本にはなかった韓国の上下関係に驚かされた。

特に男子学生は徴兵義務のため在学中に2年近く兵役に就く場合も多く、同学年でも年齢が異なる場合も多い。同期だった男性が、自分よりも5歳以上年下の先輩にひと言敬語を使わなかったばっかりに、ほうきの柄の部分で殴られたのを目の前で見たことがある。人が人を殴るのを見たのは、あの時が初めてだった。もしも、あの先輩が今有名人になっていたら、学Tooで訴えられただろうか?

テレビ番組のトークショーなどで、よく芸能人が武勇伝のように「かつて自分が悪かった」などと笑い話にして話していることがある。ひと昔前までは被害者らはテレビ画面を見ていじめられた過去を思い出し、悔し涙を流しているだけだったが、今や、自らSNSなどで事実を暴露できる時代になった。

1/3ページ

最終更新:1/10(金) 11:58
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事