ここから本文です

ロータス エキシージにF1をインスパイアした限定車「エキシージ スポーツ350 GPエディション」登場

1/10(金) 20:00配信

Webモーターマガジン

さまざまなスペシャルアイテムを内外装に採用

2020年1月10日、ロータスカーズの日本正規輸入総代理店のエルシーアイは、ロータスF1をインスパイアした「エキシージ スポーツ350 GPエディション」を東京オートサロン2020で発表。20台限定で販売する。

【写真】スタイリングやコクピットなどをもっと見る(全11枚)

この限定車は、最高出力350psと最大トルク400Nmを発生する3.5LのV6 DOHC+スーパーチャージャーを搭載したエキシージ スポーツ350をベースに、F1の「チームロータス」が1972年から1986年に5度の年間王者と合計35回の優勝を獲得したときの象徴的なカラースキームをまとい、さまざまなスペシャルアイテムを装着した限定モデルだ。

エクステリアでは、通常のラインアップでは選択できないゴールドのメタリックが入ったボディカラー「モータースポーツブラック」に、カーボンフロントスプリッター/カーボンフロントアクセスパネル/カーボンハードトップを標準採用。フロントアクセスパネル/ハードトップ/フュエルリッド/リアウイングアップライトにはMars Gold の特別ハイライトペイントを組み合わせ、足元はブラック軽量鍛造アルミホールで引き締めている。

インテリアは、アルカンターラパック/アルカンターラステアリングホイールに、カーボンスポーツシートを標準採用。さらに、通常では選択できないゴールドのインテリアカラーパック/ゴールドステッチ&ゴールドローレルリースを組み合わせ、フロアマット/エアコン/クラリオン製CD MP3 WMA オーディオ & 2スピーカーも標準採用している。

これらのスペシャルアイテムの合計233万7500円+通常選択できない特別装備とGPエディション専用装備を数多く標準採用しながら、車両価格(税込)は1133万円。ベース車のエキシージ・スポーツ350の990万円から143万円高におさえられている。

●エキシージ スポーツ350 GPエディション 特別装備
・モータースポーツブラック特別ペイント
・カーボンフロントスプリッター
・カーボンフロントアクセスパネル
・カーボンハードトップ
・Mars Gold 特別ハイライトペイント
 (フロントアクセスパネル/ハードトップ/フュエルリッド/リアウイングアップライト)
・ゴールド LOTUS/EXIGE SPORT 350 ロゴデカール(リアパネル部)
・ブラック軽量鍛造アルミホイール
・アルカンターラパック
・アルカンターラステアリングホイール
・カーボンスポーツシート
・ゴールドインテリアカラーパック
・ゴールドステッチ&ゴールドローレルリース
・GPエディション特別プレート
・フロアマット
・エアコンディショニングユニット
・クラリオン製CD MP3 WMA オーディオ & 2スピーカー

ロータス エキシージ スポーツ350 GPエディション 主要諸元

・全長×全幅×全高:4080×1800×1130mm
・ホイールベース:2370mm
・車両重量:1125kg
・エンジン種類:V6DOHCスーパーチャージャー
・排気量:3456cc
・最高出力:258kW<350ps>/7000rpm
・最大トルク:400Nm<40.8kgm>/4500rpm
・トランスミッション:6速MT
・駆動方式:横置きMR
・タイヤサイズ:前205/45ZR17、後265/35ZR18
・車両価格(税込):1133万円

Webモーターマガジン

最終更新:1/10(金) 20:00
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事