ここから本文です

【ONE】健太、果敢に打ち合い行くもセンマニーの牙城崩せず

1/10(金) 23:57配信

ゴング格闘技

2020年1月10日(金)タイ・バンコクのインパクトアリーナにて、ONE Championship「ONE: A NEW TOMORROW」が開催されている。

【写真】センマニーの強烈な左ミドルに健太は顔をゆがめる

▼第10試合 ONEスーパーシリーズムエタイ バンタム級(65.8kg)3分3R
〇センマニー・サティアンムエタイ(タイ)
判定3-0
×健太(日本/E.S.G)

健太は2005年1月に高校生でプロデビュー、大学生時の2008年5月にNJKFウェルター級王座に就くと同スーパーウェルター級王座、Krush-70kg初代王座、WBCムエタイ日本統一ウェルター級王座などを獲得。2011年9月にはK-1 WORLD MAX日本トーナメントに出場し、1回戦で城戸康裕を破り準決勝へ進出している。ONEには今年3月から参戦。

今回の相手センマニーは6歳でムエタイを始め、15歳でルンピニースタジアム認定ミニフライ級王座を獲得。その後はラジャダムナンスタジアムで3階級制覇も達成し、2012年にはタイ・スポーツ記者協会が認定するムエタイMVPも獲得したムエタイ界のスーパースターだ。

試合前に健太は、「ONEでの戦績が1勝2敗で崖っぷち。センマニーのホームで僕は噛ませ犬的な立場でもあるし、崖から突き落としに来たなと。あのグローブはタイ人に有利なルールなんじゃないか。グローブを付けてあれだけ首相撲がうまいのに、更に取り合いがうまくなるので首相撲からのヒジに恐怖を感じる」と吐露。

左ミドルキックの名手センマニーについて、「組んでからのヒジ、ヒザの使い方、距離感の取り方、ミドルを蹴った時のブレないバランス感覚を持つ。正直なところ、攻略が難しい相手ではある」と難敵であることを認めながら、「いかに1Rを取るかが勝負になる。初回からフルスピードで攻める」と宣言。

「僕的には格闘技人生一発逆転の大チャンスだと捉えている。世間の30代アスリートに勇気を与えるような、世界で活躍する健太を見せたい」とアップセットを起こすとしている。

1R、サウスポーのセンマニーに健太は右インロー。センマニーは左ミドルを蹴り、健太がスウェーでかわすとさらに踏み込んでの左ミドル。センマニーは左ストレート、左ヒジを織り交ぜ、左ミドルをしっかり当てに行く。左ミドルを右腕に連続して被弾する健太。右縦ヒジと左フックで応戦するが、左ミドルを受けすぎた印象。

2R、センマニーの左ミドルをもらっては右ヒジ、右ストレートを返す健太だが、左ミドル連打に下がる。センマニーは振り下ろす右縦ヒジと左ミドルの波状攻撃。飛び込んでの左縦ヒジで健太は左目上をカットして流血し、ドクターチェックを受ける。再開後、左ミドルをもらいながらも前進する健太だが、蹴られるたびに身体が泳ぐ。そこへセンマニーは右ヒジとパンチで健太の流血が酷くなる。左右フックで前へ出ての打ち合いを挑む健太にセンマニーが後退。

3R、センマニーは左ハイ、左ミドルと蹴り分け、飛び込んでの左ヒジも繰り出す。ミドルをもらうたびに飛び上がるような状態となる健太。それでも前へ出ての打ち合いを挑み、右ボディから右ストレートをヒットさせた。センマニーは左ミドルを蹴りつつ一定の距離を保ち、逃げ切り体勢に。最後まで前へ出てフックを放っていった健太だったが、センマニーに鼻血を出させるに留まった。

 判定3-0でセンマニーが勝利し、健太は3連敗となった。センマニーは勝利者インタビューで「今日はとてもナーバスでした。でも最初の試合よりはよくできました。支えてくれた皆さんに感謝したいです」と語った。

最終更新:1/10(金) 23:57
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ