ここから本文です

「30代女性の婚活」はなぜ苦戦してしまうのか

1/10(金) 8:00配信

東洋経済オンライン

女性の30歳を過ぎてからの中途半端な恋愛は、かえって結婚を遠ざけていく。これは仲人として30代女性の婚活相談に乗ったり、会員女性たちを見てきたりして感じていることだ。
仲人として婚活現場に関わる筆者が、毎回婚活者に焦点を当てて苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「結婚につながる恋愛、つながらない恋愛」について考えてみたい。

■男性と付き合っても、なぜか結婚に結び付かない

 30代で婚活をしている女性の中で苦戦を強いられているのは、20代の頃いくつかの恋愛を経験し、それが結婚に結び付かずに30歳を越えてしまった人たちではないだろうか。

 ことに20代の頃に女性の扱いに手慣れた男性と付き合ってしまうと、30代になってからの婚活がこじれてしまう。20代の頃と同じ恋愛模様を30代になっても求めてしまうからだ。

 女性の扱いに手慣れている男性は、30代に入るとすでに結婚をしている。もしくは30代、40代でも現役でモテているので若い女性を恋愛や結婚の対象にしている。または男性も30代、40代になると、恋愛はするが結婚には興味を持たなくなる人もいる。

 婚活相談にやってきた大谷由美子(35歳、仮名)は、まさに30代に入ってからの婚活に苦戦しているタイプだった。ふんわりとしたセミロングヘアがくっきりとした瞳によく似合う色白の美人。体にぴったりと張り付くニットを着ていて、大きな胸が強調されていた。いかにも男好きするタイプだ。

 「男性とお付き合いしても、それが結婚に結び付かないんです」

 見た目からして声をかけられることは多いのだろう。しかし、その出会いが結婚へと結び付かない。まずはこれまでの恋愛遍歴を聞いてみた。

 「26歳から30歳までお付き合いしていた7つ上の男性がいました。彼はバツイチで、簡単な食事もできるバーの店長をしていました。たまたま女友達と入った店だったんですが、すごく話しやすくて素敵な人だったので、そこからは1人でもお店に行くようになって仲良くなり、付き合うようになりました」

 同い年の男性とは違う大人の魅力があり、客商売をしているから女性の扱いもスマートだったのだろう。男女の関係になってからは、さらにひかれていった。

1/5ページ

最終更新:1/10(金) 8:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事