ここから本文です

オフの主役となった楽天とロッテ【立浪和義の超野球論】

1/11(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

思い切った補強

鈴木の楽天入団会見[左は石井GM]

 今回が2020年の最初の号になるようですね。今年は東京オリンピックもありますし、ロッテのルーキー、佐々木朗希選手をはじめ、プロ野球の話題もたくさんあります。

 オフの球界の注目に移籍があります。今年は例年以上に動きが早かった気もしますが、トレード、FA、ポスティングシステム等、さまざまな形で多くの選手が球団を変わりました。

 例年の移籍戦線、特にFAでは補強資金が豊富な巨人が“主役”になることが多かったのですが、今年はパ・リーグの楽天、ロッテが目立ちましたね。楽天がいずれもロッテから鈴木大地選手をFA、涌井秀章選手を金銭で獲得、ロッテは、楽天の美馬学選手、ソフトバンクの福田秀平選手を獲得し、新外国人選手獲得にも積極的です。いずれも大きく戦力アップしたと思いますし、より上を目指したいというフロントの意欲が選手にも伝わっているはずです。

 特に18年の最下位から19年に3位となった楽天は、Aクラスにもかかわらず、平石洋介監督を三木肇監督に代え、選手、首脳陣とも、かなり思い切った血の入れ替えをしています。石井一久GMの・・・ 本文:1,252文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:1/11(土) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る