ここから本文です

カチカチのバターをなめらかに塗る裏技

1/11(土) 10:01配信

ライフハッカー[日本版]

我が家では、2種類のバターを常備しておくようにしています。

冷蔵庫で保存している調理用の安いバターと、パンなどに塗りやすいよう室温で保存しているバターです。

でも、私は完璧な人間ではないので、バターキーパーに補充するのを忘れて、柔らかいバターがキッチンからなくなってしまうこともあります。

そんなときは、トーストにバターを塗る作業がちょっと厄介になります。

米LifehackerのVirginia Smith編集長がしているように、スティックのりを塗る要領で、しっかり焼いたパンにバターのかたまりをこすりつけてもいいのですが、それだとバターにパンくずがついてしまうので、誰もが満足できる方法ではありません。

ですが、その点が引っかかるという方も安心してください。トーストに完璧にバターを塗りつつ、バターにパンくずをつけない簡単な方法があります。

必要なものは、野菜の皮むき用のピーラーだけです。

溶けたバターと焼けたトーストの完璧な組み合わせ

冷えたバターをピーラーでスライスすると、熱いパンの上できれいに溶ける、細くて薄い断片にすることができます。ちょうど、この日本製の素敵なバターナイフと同じようにです。

バターのかたまりを冷蔵庫から出して表面をピーラーで削り、その冷たいバタースライスを、熱々のトーストにのせるだけ。

パンに触れたバタースライスは数秒で溶け、溶けたバターと焼けたトーストの完璧な組み合わせが完成します。

トースト以外への活用法

たとえトーストが好みでないという方でも(人の好みは本当にいろいろです)、冷たいバターをピーラーでスライスするワザを知っておいて損はありません。

熱いポップコーンにバターを混ぜたいときに、スライスしたバターを入れると簡単です。

また、壊れやすいクラッカーにバターを塗りたい場合、スライスを一切れ載せるというやり方が便利です。

それに、ローストした野菜にスライスしたバターを載せると、バターを均等に溶かすことができます。

これは、私の知るかぎり最高のピーラーの使い方だと思います。

Image: Claire Lower

Source: MoMa

Claire Lower - Lifehacker US[原文]

ガリレオ

最終更新:1/11(土) 10:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事