ここから本文です

広島 2020年度の新入団選手発表記者会見、ドラフト6位・玉村昇悟「地元の名産、越前ガニの赤に負けないような投手になる!」

1/11(土) 6:02配信

広島アスリートマガジン

2019年12月9日、広島市内のホテルで2020年度の新入団選手発表記者会見が行われ、期待の若鯉9人がプロ野球選手としての第一歩を踏み出した。同席した佐々岡真司監督は「完璧なドラフトで欲しい選手が全員取れた」と、V奪還に向けての手応えを吐露。大勢のファンクラブ会員を前にしながら、新入団選手たちも物怖じすることなく将来に向けての決意を口にした。

──今も緊張感は変わらないですか?
「大勢の人がいるのでとても緊張して、ウキウキもちょっとしています。(福井から)来るときに一度京都駅で降りたんですけど人が多くて『これからどうなるのか?』と思って。広島駅で降りたらファンの方がサインを求めてきたので、とても愛を感じました」


──地元の人口が2万1000人だということですが、やはり雰囲気は違いますか?
「人疲れして、昨日はぐっすり眠れました」


──高校時代に成長できた理由、ご自身のピッチングスタイルを教えてください。
「仲間が助けてくれたり環境も自然が豊かでとてもいいので、そのあたりを利用して練習できたからだと思います。ストレートで勝負できる投手になりたいので、ストレートをどんどん磨いていきたいです」


──憧れの投手は誰になるでしょうか?
「床田(寛樹)さんが左ピッチャーでは先輩なので、見習っていきたいです。コントロールが良くて、マウンド上でも堂々としているので、そういう振る舞い方、姿勢をちゃんと聞きたいです。(将来は)広島の日本一にしっかりと貢献できる投手になりたいです」


──故郷にはたくさん名産がありますが、何か名産を交えて今後の抱負をお願いできますか。
「地元でとれる越前ガニが全国でとても有名で、越前ガニも一緒の赤なので、その赤に負けないようなピッチャーになりたいです(場内拍手)」


──ファンクラブの方から、家で一番くつろげる場所は? という質問がきていますが。
「やっぱり一人でいられるお風呂とかトイレは長くいちゃいますね(笑)」


──ファンのみなさまにひと言お願いします。
「ファンのみなさまに名前を憶えてもらえるような活躍をして、しっかりチームに貢献するようなピッチャーになるのでよろしくお願いします!」


▼ 玉村昇悟(たまむらしょうご)
投手/丹生高/2001年4月16日(18歳)/左投左打/177cm・75kg

広島アスリートマガジン編集部

最終更新:1/22(水) 16:20
広島アスリートマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ