ここから本文です

《冬の鍋レシピ》和風のお出汁で頂く“ふんわり鶏つくね”の満足鍋レシピ【永久保存版】

1/11(土) 6:50配信

集英社ハピプラニュース

ほっとする味わいが人気のお出汁を使った和風鍋。いつもと同じ味でも、食材の組み合わせを変えるだけで食感が変わり、マンネリ感がなくなります。今回は、定番の鶏つくね・ごぼう・油揚げで作る満足鍋をご紹介。ふんわりつくねとごぼうのシャキシャキ食感が相性抜群です。

【写真】絶品鍋レシピ

教えてくれたのは…
坂田阿希子さん
料理家。東京・青山で料理教室「studio SPOON」主宰。’19年11月に東京・代官山にレストラン『洋食KUCHIBUE』をオープン。Instagram(kuchibue.daikanyama)

鶏つくねとごぼう、油揚げの鍋

ふんわりした鶏つくねと、土の香りのささがきごぼうが和風味によく合う。きりたんぽ鍋のようなほっとする味。

材料(3~4人分)
鶏ひき肉……500g
水……大さじ2
ごぼう……1本
油揚げ……2 枚
長ねぎ(みじん切り)……1/2本分

[A]
  しょうが汁……大さじ1
  酒、片栗粉……各大さじ2
  しょうゆ……小さじ1と1/2
  塩、こしょう……各少々

だし(合わせ)……1.4L

[B]
  酒、みりん……各大さじ3
  しょうゆ……大さじ2
  塩……小さじ1/2~2/3

黒七味(あれば)……適量


作り方
1.ごぼうは粗めのささがきにして、水にさらして水気をきる。油揚げは開いてから細い短冊切りにする。

2.ボウルにひき肉、水を入れて混ぜ、長ねぎを加えて混ぜ、Aを加えて練り混ぜる。

3.鍋にだしを煮立て、Bを加えて味をととのえる。2を手で握って丸く押し出しながらスプーンですくって入れ、煮立ったらアクをとる。残りも同様にする。

4.ごぼうと油揚げを加えてさっと煮て、あれば黒七味をふる。

◇つくねは手で握って丸くする
つくねのタネは軟らかくて丸めることができないので、片手で輪を作るようにタネを握り込み、押し出すと丸くなる。平たいスプーンなどですくって鍋へ。

撮影/木村 拓 スタイリスト/駒井京子 取材・原文/海出正子 
※エクラ2020年2月号掲載

最終更新:1/11(土) 6:50
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事