ここから本文です

「ハチロク」の激レアな限定モデル“ブラックリミテッド“を現行86で再現【東京オートサロン2020速報】

1/11(土) 7:40配信

Auto Messe Web

AE86にあった400台限定の特別仕様

 1月10日からに開催中の東京オートサロン2020にて、TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ・ガズーレーシング)は、昭和の走り屋たちのハートを熱くさせたハチロク(AE86)の限定車『ブラックリミテッド』と、それをモチーフにした現行86のコンセプトモデルを展示。2台に共通するコダワリを探ってみたい。

ハチロク限定車『ブラックリミテッド』とトヨタ86の再現仕様【画像15枚】

 まずはAE86のブラックリミテッドについて簡単に説明しよう。展示車は後期型トレノの“GT-APEX“をベースに作られた、わずか400台の限定車。名前から分かるとおり黒をテーマとしたモデルだ。色だけじゃなく数々の特別装備も与え、サイドドアポケットやゴールドのアナログメーター、エンブレムのゴールド化、専用ステッカー、ロゴ入りシートにくわえ、本来はオプション設定のパワーウインドウを標準装備化するなど、昨今のハチロクブームの前からファンの間では高値で取り引きされた。

 会場に展示されているブラックリミテッドは、個人所有のユーザーカー。あえてチューニングは行なわず、ホイールに至るまでオリジナルを維持、かつ新車と見間違うかのような極上のコンディションである。

 と、これだけでも十分な価値はあるのだが、もうひとつの目玉は隣に並べられた現行型のトヨタ86だ。AE86 ブラックリミテッドの血脈を受け継ぐコンセプトモデルは、黒のボディにブロンズのホイールという組みあわせ。往年のブラックリミテッドを知るファンにはたまらない意匠が各部に盛り込まれている。内装では標準モデルだとステアリングまわりなどにシルバーも使っているが、すべてブラックで統一し、シックで高級なイメージを醸し出す。

 極め付けはダッシュボードの助手席側に刺繍された、“BLACK LIMITED“のロゴマーク。仮にこのまま特別仕様車として販売すれば、当時ブラックリミテッドを購入できなかった層、そして近年のハチロクファンも飛び付くこと間違いナシ?

Auto Messe Web編集部

最終更新:1/11(土) 7:40
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ