ここから本文です

糖質制限の専門家が伝授!ダイエットに効く簡単食事法

1/11(土) 16:40配信

with online

ダイエットが長続きしない理由は“食事”が原因かも!? 急激な運動や過度な食事制限など、無理なダイエットは三日坊主になりがち。
太りにくい食べ方をマスターして、食習慣から“やせグセ”をつけることで、無理なく長くダイエットを続けることができます。太りにくい食べ方や食事のときに気を付けたいポイントをマスターして、ダイエット成功を目指しましょう!

1.ダイエットにつらい食事制限は不要!“ゆる糖質制限”でラクに続ける

「ダイエットは食べないことが一番の近道!」と考えている人も多いと思いますが、極端な食事制限はストレスになりやすく、食事に楽しみがなくなるため続かなくなるケースもあります。しかし、食べ方を工夫すれば、食べる量を変えずに、食事を楽しみながらダイエットができます。長くラクに続けるためにも、痩せる食べ方をマスターしましょう!

教えてくれたのは山田悟先生

痩せる食べ方を教えてくれるのは、北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生。多くの糖尿病患者と接した経験から、健康、美容、 ダイエットへ効果的とされるゆるやかな糖質制限「ロカボ」を普及するために活躍中。『カロリー制限の大罪』(幻冬舎)など、ダイエットの強い味方となる著書を多数出版されています。

■カロリーよりも糖質を気にする

ダイエットをするときはカロリーに目が行きがちですが、注目すべきは糖質の量です。糖質はごはんやパンなどの主食、スイーツや お菓子などの炭水化物に多く含まれています。糖質の量は1食 あたり20~40g、おやつは10g程度に抑え、1日の糖質量を 70~130gを目安に摂取するようにしましょう。糖質をゼロにしてしまうとストレスがたまり、健康にも悪影響を及ぼすので注意。“なくす”よりも“控える”というイメージで取り組んでみて!

■たんぱく質、油脂、食物繊維を積極的に摂ること

ダイエットの敵と思われがちな肉や油は、筋肉の材料となるたんぱく質と血糖値の上昇を防ぐ油脂にあたり、実はダイエットの強い味方なんです。ダイエット中だからと避けずに、おかずの量を増やすようにして、たんぱく質や油脂を積極的に摂るようにしましょう。また、炭水化物は糖質と食物繊維でできているため、炭水化物を減らすと同時に食物繊維も減ってしまいます。炭水化物を減らしたら、野菜などで食物繊維もしっかりと補うように心がけましょう。

1/3ページ

最終更新:1/11(土) 16:40
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事