ここから本文です

ニットの重ね着にも使える! ちょうどいい甘さの「白フレアカウスブラウス」

1/11(土) 12:00配信

GISELe

レースやリボンなどをあしらった上品な甘さの白ブラウス。インナーづかいすることで、シンプルなニットにも表情や奥行きをもたらし、スタイリングを底上げ。なかでも合わせやすいアイテムを使い、一辺倒になりがちなニット姿をブラッシュアップ!

白フレアカウスブラウスのコーディネートはこちらから


 SELECT 
今からでも欲しい「こんな白」
そのまま着られるのはもちろん、ニットと重ねたときも「いい味」を出す、そでや首元に特徴のある白を選抜。甘いデザインでも大人っぽくエレガントに着こなせる、少しクラシカルなムードのものがねらい目。

FLARE CUFFS
「ひかえめに広がるカフス」
きゅっと締まった手首から広がりのある、なつかしいカフスデザイン。ニットのそでから出すことで、気品漂う女らしさへと誘導。広すぎないアームなら、重ね着もしやすい。

フレアカフスブラウス 10,400円+税/Lily Brown(Lily Brown ルミネエスト新宿店) インナー/スタイリスト私物 デニムパンツ 10,000円+税/PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ ウィメンズ新宿店)

すべてのコーディネート写真を見る

 STYLING 
「いつものニット」でシミュレーション
右ページで紹介した甘い白を、よく着るニットの首元別に重ねて実践。単調だったシンプルなニットが見違える効能を、たっぷりとお届け!

01.TURTLENECK KNIT
いつもは1枚で着ることが多いタートルネック。首元のゆるいデザインが豊富な今季は、レイヤードも楽しみやすい。品行方正なルックスに、甘いひとクセを投入することでレディに方向づけ。

「茶系のグラデーション配色にエレガンスな白でメリハリを」
穏やかな茶系のグラデーション。ボリュームのあるネックの迫力に負けないフェミニンなそであしらいで、やさしい配色でも着映えを意識。思いきった白により、ほっこり感も回避。

GISELe編集部

最終更新:1/11(土) 12:00
GISELe

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ