ここから本文です

夏川椎菜×Lynn「劇場版 ハイスクール・フリート」キャストインタビュー!「劇場版は明乃とましろの関係が近くなったからこそ起こる展開に注目」

1/11(土) 11:00配信

ザテレビジョン

「劇場版 ハイスクール・フリート」が2020年1月18日(土)より全国公開される。同作は、「ストライクウィッチーズ」や「ガールズ&パンツァー」などを手がけた鈴木貴昭原案のオリジナルアニメーションとして2016年4月にテレビ放送された「ハイスクール・フリート」の完全新作劇場版。

【写真を見る】劇場版の注目ポイントは「まるで“夫婦”のような関係になったからこそ起こってしまう展開なんです」と意外な展開が注目ポイント!?

日本国土のほとんどを水没によって失ってしまった架空の未来を舞台に、海の安全を守る職業「ブルーマーメイド」を目指すため、航洋艦「晴風」の艦長に任命された岬明乃と仲間たちとの奮闘を描く。

劇場版では、新たなキャラクターたちを加え、物語もよりスケールアップ。呉・舞鶴・佐世保を含めた全女子海洋学校の生徒が一堂に会し文化祭と体育祭を行う「競闘遊戯会」が開催され、晴風クラスのメンバーも歓迎祭の準備に追われていた。

さまざまな演し物や競技でにぎわう中、晴風メンバーたちに「ハイフリ」史上最大のピンチが訪れる…というストーリー。

そんな、晴風の艦長・岬明乃を演じる夏川椎菜と副長・宗谷ましろを演じるLynnの2人にインタビューを実施。

劇場版の公開を前に、あらためてキャラクターを演じた際の気持ちや、劇場版ならではの見どころを語ってもらった。

■ 「続編をきっとやる!」って私は思っていました。

――「劇場版ハイスクール・フリート」の制作が発表された際の心境は?

夏川:発表されたときはすごくうれしかったですし、作品の続編を望んでくださるファンの方からのお声をもらっていたので、なによりも皆さんの前で発表できたのがうれしかったです。

Lynn:テレビアニメの放送が終わってから、「続編をきっとやる!」って私は思っていました。

放送が終わっても2周年、3周年とイベントを行って、ファンの皆さまの熱量がどんどん上がっているのを感じていましたし、私自身待ちに待っていた、楽しみにしていた劇場版です。

――劇場版の発表は、イベントでファンの皆さんの前でサプライズ発表されていましたね。

夏川:そうですね。イベントが終了して私たちが舞台袖に帰る直前にサプライズで発表された感じだったので、お客さんもかなりびっくりしていて、あの時の皆さんの顔は忘れられないです。

――今回、あらためてそれぞれのキャラクターを演じてみていかがでしたか?

夏川:物語の中ではもちろん2年、3年という月日は経ってはいないのですが、今回劇場版であらためて明乃を見たときに「大人になったな」と思いました。

テレビアニメシリーズの時は、あどけなさといいますか、少女感が残っていて、しろちゃん(宗谷ましろ)とけんかばかりしているようなイメージがあったのですが、ましろと明乃の関係性や距離感がテレビアニメを経て、劇場版では大きく変わっています。

お互いが信頼し合えている関係に感じましたし、艦長として明乃がより成長している姿をたくさん見れたので、私自身が演じていてびっくりしたのと同時に尊敬する部分が増えたなと感じました。

――「成長した」と感じたところを演じたときにはどんなことを意識しましたか?

夏川:なんだか、大人っぽい台詞を言うようになったんですよ。それがすごく頼もしいなと感じて、演じる時も“できる艦長感”を意識しました(笑)。

これまではどちらかというと、かわいい面を出そうと意識していたんですが、劇場版では落ち着いた演技がぴったりだなと思って、演じました。

――Lynnさんは、ましろをあらためて演じてみて変化を感じたことはありましたか?

Lynn:ましろはテレビアニメシリーズだと副長としてみんなをまとめあげようと、メンバーと衝突したり、怒っている場面が多かったのですが、劇場版だとすごく物腰がやわらかくなったなという印象ですね。

なにより、(口ぐせだった)「ついていない…」ってボヤかなくなりました。

劇場版では晴風のメンバーを家族と思えるくらいに信頼して、明乃との距離も近くなってるのに…「そんな展開!?」と思うような展開になるんですが…。

それでも、テレビアニメシリーズを通じて、よりすてきな女性になったと感じています。

夏川:今回の劇場版で起こる、ミケちゃん(岬明乃)としろちゃんの2人の展開は、お互いが信頼し合って、まるで“夫婦”のような関係になったからこそ起こってしまう展開なんですよ。

Lynn:たしかに。本来のましろだったら悩むはずのない事なんだけど、ましろと明乃の関係性が近くなったから初めて悩んでいる事だもんね。

なので、芝居の組み立て方で悩んだ部分は(信田ユウ)監督や原案の鈴木さんにも相談させて頂きました。

■ 「もうプロポーズじゃんこれ」みたいな

――テレビアニメやOVAの中で印象的なエピソードは?

夏川:11話の「私があなたのマヨネーズになる」という台詞が忘れられなくて、アフレコスタジオで衝撃を受けました。「もうプロポーズじゃんこれ」みたいな。

すごいドキドキしたのを覚えてますし、しろちゃんと明乃の関係がよくなっていく転機になった台詞ですね。

明乃は普段、決断するときはバシっと決断するタイプではあるのですが、実は内心、不安な気持ちを感じていたり、迷っているなと感じるシーンがたくさんありました。

ずっとしろちゃんとも微妙な関係のままで、その言葉をしろちゃんから言われてうれしくないわけがないので、あの言葉は明乃にとっても重い言葉なんじゃないかなと思っています。

Lynn:私はやっぱり、テレビアニメシリーズの最終話の晴風が沈んでいくシーンです。

いろいろな困難を晴風と乗り越えてきて、ようやく陸に帰って来られたからのあのシーンだったので、衝撃でした。それでも、ちゃんとみんなで晴風の最後を見届けて、ラストに夕陽が差し込む場面は何回見ても泣きます。

「みんながようやく家族になれたのに、その家である晴風がなくなってしまった、でもみんながいれば大丈夫」という、みんなとの絆を再確認するすごくグッとくるシーンでしたね。

■ すごい “強キャラ感”が出てます(笑)

――劇場版では新キャラクターもたくさん登場しますね。

夏川:劇場版に登場する新しいキャラクターは、みんな明乃たちよりも上級生なのですが、やたら好戦的といいますか、勇ましいキャラが多いんですよね。

すごい “強キャラ感”が出てます(笑)。

Lynn:なんかみんなね、すごくしっかりしているなと思ったよね。

夏川:明乃たちも、いずれこれくらいしっかりしなきゃいけないなって気を引き締めました。

――新しいキャストの皆さんとのアフレコ現場での様子はいかがでしたか?

Lynn:皆さん、やはり専門用語の台詞には苦労されてました。

私たちもできる範囲でアドバイスさせて頂きましたが、やはり最終的にはみんなで確認し合う作業が必要でした。

夏川:今までのアニメではなかったようなフレーズがたくさん出てくるので、皆さん“ハイフリの洗礼”を受けていましたね。

――劇場版のましろと明乃の見どころはどこでしょうか。

Lynn:小さいころのましろが出てくるのですが、それがすごくかわいいので見どころです。

そして、もう一つの見どころとしてはましろが“今までにない行動”を取るのですが、それは明乃に影響されているからこそ取る行動なので…ぜひそこも見てほしいです。

夏川:「ハイフリ」といえば、号令を言う格好良いシーンがあるのですが、それは劇場版でも健在なのでぜひ注目してほしいなと思います。

――お二人はラジオ「明乃とましろのハイスクール・フリートラジオ 晴風艦内放送」や配信番組などでも共演されてきましたが、初めての印象と今の印象に変化は?

Lynn:初めてみんなで顔合わせしたときって、(夏川は)まだ未成年じゃなかった?

夏川:そうそう。テレビアニメシリーズが放送される前に、キャストさんやスタッフさんが集まって打ち入りしたときに、みんながお酒を持っている中で私だけソフトドリンクで、しかも乾杯の音頭取ったもん(笑)。

Lynn:あったね(笑)。考えると長い付き合いだよね。ナンス(夏川)を見てると、年下なのをまったく感じないくらいしっかりしているんです。本当にいつも頼りにしてます。

なので、最初の頃の印象は今でも変わらないです。

夏川:私も印象は最初の頃から変わっていないですね。お会いするたびに「美人さんやなぁ」って再認識しています(笑)。

Lynn:ラジオは私が全然しゃべれなくて、ナンスにばかりしゃべらせていたなって思います。もし劇場版を機にラジオ番組が復活するなら、今度は私がもっとトークをしたいなと思います。

夏川:やりたい! 今度はコーナーとか全部、Lynnさんと私、逆でやりましょう!

Lynn:そうですね。そんな挑戦的なことをやりたいと思わせてくれるくらい頼れる相方という感じです。

――「劇場版 ハイスクール・フリート」を楽しみにされている方へメッセージをお願いします。

夏川:皆さんが待ち望んでいた「ハイフリ」の新作劇場版ということで、私自身もファンとして「ハイフリのこういうところが見たかった!」と思っていたことが、詰まった作品です。

ぜひ、何度も何度も足を運んでいただいて、細かいところまで見ていただければうれしいです。

Lynn:「ハイフリ」ならではのにぎやかでハッピーなシーンから、今までで最大のピンチが訪れて、それをみんなでどうやって乗り越えていくのか、というすごく見ごたえのある作品です。

全体的に“大人”な雰囲気を感じさせるシーンもあったりするので、そんなところも楽しみにしていただければと思います。

ずっと応援していてくださった方はもちろん、劇場版から初めて「ハイフリ」に触れるという方も楽しめる作品なので、ぜひ劇場でご覧ください。(ザテレビジョン)

最終更新:1/11(土) 11:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事