ここから本文です

注目の2期生21人もお披露目! 吉本坂46、圧巻の1周年ライブに2000人が熱狂

1/11(土) 10:00配信

ザテレビジョン

2019年12月27日(金)、神奈川・カルッツかわさきホールにて「吉本坂46 誕生祭 1st Anniversary Live」が開催された。

【写真を見る】チーモンチョーチュウ・菊地浩輔(右)、野性爆弾・ロッシー(右から3人目)ら、2期生メンバーがファンの前に初めて登場

タイトル通り、吉本興業の所属タレントによるアイドルグループ「吉本坂46」のデビュー1周年を祝したライブ。熾烈なオーディションを経て、デビューから激動の1年を乗り越えたメンバーたちの晴れ舞台を見るべく、会場には2000人のファンが来場。満員の観客が見守る中、12月25日に発売されたばかりの3rdシングル「不能ではいられない」を含む全14曲を、圧巻のパフォーマンスとともに披露した。

また当日は、オーディションを重ねてきた2期生メンバー決定の日でもあり、本ライブでもステージでお披露目された。

現在1期生は、「CIRCUS」(旧「選抜メンバー」)16名、「RED」16名、「スイートMONSTER」13名の3組のユニットからなる計45名で活動中だが、本ライブでは「CIRCUS」の村上ショージと尾形貴弘(パンサー)、「RED」の西村真二(ラフレクラン)が欠席し、42名でのパフォーマンスとなった。

会場全体が期待感に満ちあふれる中、1曲目に披露されたのは、斎藤司(トレンディエンジェル)と小川暖奈(スパイク)がセンターを務める2ndシングルの表題曲「今夜はええやん」。途中から全メンバーが揃い踏みとなり、早くも客席のボルテージは最高潮に達する。

そしてここからは、ユニットごとに楽曲を披露。中堅、ベテラン芸人が多くを占める「CIRCUS」は、大人の色気で圧倒する。

一方、現役ダンサーや元アイドルなど若手が中心となり、一番人気を誇る「RED」は、悲願の表題曲「不能ではいられない」など、高難度なパフォーマンスで見る者を熱狂させる。2曲でWセンターを務める池田直人(レインボー)と小寺真理(新喜劇)によるコンビネーションや、光永の華麗なアクロバットも相まって、客席を黄色い歓声と赤いペンライトの光に染め上げた。

黄色い歓声といえば、“クール&コメディー”をコンセプトとするイケメンユニット「CC5」への声援も負けてはいない。榊原徹士、鰻和弘(銀シャリ)、多田智佑(トット)、金田哲(はんにゃ)、おばたのお兄さんの5人がイケメンになりきり、椅子を巧みに使ったステージングで魅了した。

明石家さんまとのオーストラリア旅行のため欠席することをVTRで告白した村上ショージだが、村上のソロ曲「バーボンソーダ」は、河本準一(次長課長)、遠藤章造(ココリコ)、ケン(水玉れっぷう隊)、山本圭壱(極楽とんぼ)、大地洋輔(ダイノジ)、なだぎ武の6名による“SPECIALメンバーVer.”で披露。6人の芸人が悲哀を込めて熱唱した。

王道アイドルソング「好きになってごめんなさい」を歌ったのは、ゆりやんレトリィバァとガンバレルーヤという同期の女性芸人3名によるユニット「CHAO」。恋に胸を焦がすせつない乙女心を、フリフリ衣装でキュートに歌い、客席からは「超絶カワイイ!」といったコールも飛び出した。

他にも、「ビター&スイート」「POP MONSTER」「スイートMONSTER」と、バラエティー豊かなユニットが次々に登場し、見る者を飽きさせないステージが続いていく。

企画コーナーでは、1周年にちなんで、1歳の時やデビュー1年目の時など、メンバーのさまざまな秘蔵写真が発表され、爆笑の渦に。

またMCでは、ゆりやんがワイドショーでも話題となった“変な目”を見せたかと思えば、なだぎが片足を上げて“ディラン”のポーズを、マサルコ(不思議なタンバリン!!)は「ポール・マッカートニー!」を発動したりと、ギャグの応酬も繰り広げられた。

もちろん、笑いだけではなく、アイドルらしい真摯なメッセージや熱い煽りも随所に見られ、REDのリーダーを務めるまちゃあき(エグスプロージョン)は「ライブは俺たちだけじゃなくて、みんなで作っていくものです。みなさん、ありがとう!」と感謝の言葉を吐露していた。

そして本編のラストには、ロッシー(野性爆弾)ら、この日決定したばかりの2期生メンバー21名(欠席の5名はお面をつけた代役)がステージに登場。菊地浩輔(チーモンチョーチュウ)、おばらよしお(エグスプロージョン)らには早くも声援が飛んでいた。

続くアンコールでは、「不能ではいられない」収録の全メンバー歌唱曲「めっけもん」を出演メンバー全員で披露。客席の後方からメンバーが登場するサプライズもあって、大盛り上がりのままエンディングに。吉本坂46全体のリーダーを務める河本による「よりいっそう、みなさんの力を借りて、一生懸命走っていきたいと思っております。これからも応援、よろしくお願いします!」との力のこもった言葉で締めくくった。

(ザテレビジョン)

最終更新:1/11(土) 10:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事