ここから本文です

最大5000円還元のマイナポイント制度、重要な「マイキーID」の作り方

1/12(日) 15:00配信

マネーポストWEB

 住民票がコンビニエンスストアのマルチコピー機で取れるなど、さまざまなメリットがあるマイナンバーカード。しかし、発行に手間がかかるせいか、現在、国民の約14%しか持っていない。

 そこで政府は、キャッシュレス決済普及とマイナンバーカード普及のため、今年9月からマイナンバーカードのID(以下、マイキーID)と、キャッシュレス決済サービスをひもづけてからキャッシュレス決済をすると25%のポイントが還元される方向で検討を進めている。ポイント還元の上限は5000円分の予定。最大2万円の買い物で5000円分のポイントが付与されるとみられている。

「現状、ひもづけられる決済は、PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、Suica、nanacoなどが検討されているようです」(ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さん)

 ただし、マイナポイントをゲットするには、準備が必要。まずはマイナンバーカードを作ったうえで、「マイキーID」を設定する。キャッシュレス決済のアプリにマイキーIDなどを登録したうえで買い物をすれば、ポイントがもらえる。ポイントは、スーパーなど、キャッシュレス決済が使える店で消費できる見込み。

マイキーIDの作り方

 マイナンバーは、全国民に割り振られており、すでに各自に郵送されている「通知カード」に番号が記載されている。マイナンバーカードとは、申請しないと発行されない顔写真入りカードのこと。このカードは、郵送はもちろん、スマホやPC、証明写真用写真機から申請でき、約1か月でカードの引換券が送られてくる。

「マイキーID」の取得は、このカードを手に入れてから。マイキーIDは、一部のスマホ端末のほか、「ICカードリーダライタ」という機器を用意すればウェブ上で作成できるが、基本的には、自治体の窓口に申し出ればよい。

 マイキーIDをキャッシュレス決済アプリとひもづける場合、アプリをスマホにインストールして、マイナンバーカードをスマホで読み取ればいい。カード作成時に作った暗証番号を打ち込めば、設定完了となる。

※女性セブン2020年1月16・23日号

最終更新:1/12(日) 15:00
マネーポストWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ