ここから本文です

着実に成長するオリックス・宜保

1/12(日) 11:03配信

週刊ベースボールONLINE

 昨季のファームの試合前。誰よりも先にベンチ前に現れ、左足(軸足)体重を乗せるように軽くジャンプしてスイングを繰り返す。打撃向上を期すドラフト5位のルーキーが、スイングとフォームを確認していた。

パ・リーグ6球団 2020年最も大きな飛躍が期待できる若手は?

「これまで課題は漠然としたものでした。でも今は明確になっている。だから意味ある素振りができるようになりました」

 1年目の昨季は、春季キャンプから「もっと打てるように」と打撃向上に努めてきたが、ファーム開幕後、プロの直球に差し込まれることが多く、意識したのは「タイミングを早く取ること」だった。

 以降、早トップを固めるとミート力がアップ。と同時に、次の課題が見つかったという。

「ボールを飛ばすパワーがない」

 力あるプロのボールをはじき返すべく、ベンチプレスやスクワットなどのウエート・トレーニングで筋力アップを図り、体は春季キャンプ時より体は一回り大きくなった。ただ、求めるのは「スイングの力強さ」だ。

 試合前の軸足に体重を乗せた素振りは、体重移動を意識したものにほかならない。

「タイミンの課題から『強くはじき返す』という次の課題に移っている最中。だから、しっかり軸足に力をためてスイングしていたんです」

 9月には一軍初昇格を果たし、同23日のソフトバンク戦(京セラドーム)でプロ初安打もマークした。一歩ずつ前に進んだルーキーイヤー。そして、次なる目標は「一軍定着」へ──。

 2年目へ向け、秋季キャンプで汗を流し、11月からは台湾のウインター・リーグに参戦。自らと向き合い、一つひとつ課題を克服して成長する背番号53。若手投手が次々と台頭しているオリックスの中で、2020年の飛躍が楽しみな“若手野手”だ。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:1/12(日) 11:03
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ