ここから本文です

阪神・梅野隆太郎 歓喜のためにチームを1つに/リーダーの決意

1/12(日) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 選手会長に就いて3年目のシーズンを迎えるのが、梅野隆太郎だ。名実ともにすっかりチームの顔になった。

「自分のやるべきことはチームを優勝に導くこと。気持ちを強くもって引っ張っていきたい」

 年俸も倍増の1億円で更改した。阪神の捕手で大台に乗ったのは、矢野、城島以来、生え抜きでは初のことだ。

 チームは2005年以来リーグ優勝から離れている。伝統球団でありながら、日本一は吉田阪神だった1985年1度だけの状況が続く。

 チームリーダーだった鳥谷退団によって、まとめ役として期待される梅野にかかるウエートは必然的に大きくなる。

「自分にもプレッシャーをかけていきたい。またそれを乗り越えていかないといけない」

 史上69人目のサイクル安打、プロ野球新記録のシーズン123補殺など、2019年の成長がリーダーの自覚につながっている。

 ここ数年の課題だった正捕手が固まったことで、さらにセンターラインの強化に拍車がかかるシーズンを迎える。

 第17代選手会長の梅野は「ベテラン、中堅、若手が1つになって戦っていきたい」と熱く語る。ガンケル、サンダーズ、スアレスら新外国人投手が加入し、野手ではボーア、サンズと円滑にコミュニケーションをとりながら「ONE TEAM」を目指し、15年ぶりの優勝にまい進する。

週刊ベースボール

最終更新:1/12(日) 12:02
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ