ここから本文です

いちご好きのためのカフェ「いちびこ」!“食べる宝石”ミガキイチゴを堪能してきた【東京】

1/12(日) 12:15配信

じゃらんニュース

いちご好きの、いちご好きによる、いちご好きのためのお店「いちびこ」。“ミガキイチゴ”というブランドいちごがふんだんに使われたスイーツたちは、どれも甘くてジューシー!
都内に複数店舗ありますが、その中でも一番メニュー数が多く、第1号店でもある「いちびこ 太子堂店」に行ってきました!
※記事内の料金はすべて税抜き価格です。消費税は店内10%、テイクアウト8%となります

いちごスイーツ専門店「いちびこ」とは?

「いちびこ」は、ミガキイチゴというブランドいちごを生産する、宮城県の農業生産法人GRAが手掛けるいちごスイーツ専門店です。
ミガキイチゴは「食べる宝石」をコンセプトとして生産されていて、香り・甘さ・酸味のバランス・ジューシーさと美しい形が特徴。最高品質のプラチナは1粒1,000円で販売されているんだとか!
そんな「食べる宝石」ミガキイチゴを思う存分に楽しめるのが「いちびこ」なのです!太子堂店の最寄り駅は西太子堂駅。閑静な住宅街の中にあります。
店内の席数は10席ほどです。
休日の15時頃が一番込み合うそうですが、並ぶことはほぼないそうです。ねらい目は平日ですね。

いちびこの一押しメニューをご紹介!

ショーケースの中にずらりと並ぶいちごスイーツの数々。眺めるだけでも楽しい! 「いちびこ」は都内だと三軒茶屋や新宿、南町田などに店舗がありますが、他の店舗より際立つ太子堂店の特徴は、そのメニューの多さです。
店舗にキッチンを構えているため、様々なケーキを作ることができるそう。メニューで扱ういちごを店内でぐつぐつと煮るので、甘酸っぱい香りが店いっぱいにたちこめています!
大人気!定番いちごのショートケーキ
のっているいちごがビッグサイズ!! スイーツの1番人気は、定番の「いちごのショートケーキ(600円)」。これは外せない!
ケーキ×ドリンクの組み合わせは最強! ケーキの厚さは6~7センチほど。断面の大きないちごがとっても美しいので、写真はぜひ横から撮ってみてください!
いちごはとても甘くてジューシー!!スポンジはふわふわ。クリームは甘すぎず、いちごとの相性が抜群でした♪
まるっとした瓶がキュートないちびこミルク
いちびこ太子堂店は、ミガキイチゴ・ビネガースカッシュや、いちごのクリームソーダなどいちごのドリンクメニューも豊富です。
まるっとした瓶がインスタ映えする♪ ドリンクの人気メニューは、「いちびこミルク(750円)」とのことで注文してみました。
冷凍のカットいちごにミルクを注いだメニューで、底の赤い部分は、いちごの砂糖漬けが入っています。味がしっかりしみて甘い!!いちごのごろごろとした食感を感じながら飲むことができます。けっこうボリューミーなので、おなかにたまりますよ!
いちびこミルクはテイクアウトもできるので、飲み歩きにもいいですね。空になった瓶はインテリアにしてもかわいい。
12月からは、寒い冬にピッタリの「ホットいちびこミルク(600円)」も登場しているそうです。
滑らか食感!いちごのプリンとパンナコッタ
いちごのパンナコッタ(左)、いちごのプリン(右) こちらも人気商品の、「いちごのパンナコッタ(450円)」と、「いちごのプリン(400円)」。
パンナコッタには、いちごのピューレに生のカットいちごがトッピング。生地にもピューレが混ぜ込まれているので、ほんのりピンク色なんです。すっきりと食べやすい味でした!
プリンには、たっぷりとイチゴジャムがトッピングされています。プリンは卵をしっかりと感じることができるなめらかさです。ジャムが本当に甘くておいしいのでプリンと一緒に食べると最高!
見逃せない、いちびこの注目メニューは他にも♪
こちらのジャムは、いちごプリンの上にトッピングされていた「イチゴジャム(630円)」です。おうちでも甘いミガキイチゴを楽しめるのはいいですね!
ちょっとしたプレゼントにも使えそう 1月からは新商品、「うさぎのいちごバターサンド (350円)」、「うさぎのクッキー(250円)」も登場。味は2種類あり、シンプルで素朴な味わいのプレーンと、酸味が程よいいちごバターサンドです。
ケーキもドリンクも、テイクアウトが可能です。テイクアウトのバッグも、うさぎの柄がかわいい♪

1/2ページ

最終更新:1/12(日) 12:15
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事