ここから本文です

ルカク、アザール、デ・ブルイネ…世界トップの攻撃陣を持つベルギー代表の最新序列は?【EURO2020出場国紹介】

1/12(日) 17:49配信

THE DIGEST

■上積みはティーレマンスとT・アザールの成長

 10戦全勝――。組分けに恵まれたとはいえ、ロシアやスコットランドをもまるで寄せ付けないぶっちぎりの強さを見せつけて予選突破を決めたベルギー。40得点・3失点はともに今予選の最多と最少だ。

 3位に輝いた18年W杯の成功でさらに自信を深めたチームの最大の武器は、爆発力を秘めた攻撃だ。テクニカルなCBを揃えた最終ラインからの丁寧なビルドアップで敵陣にボールを運び、ラスト30メートルはE・アザールやデ・ブルイネらタレントの個の打開力でこじ開ける。ロシアの地で日本を沈めたカウンターの迫力も健在だ。

 予選を通じての上積みは、それぞれ左WBとセントラルMFのレギュラーに定着したT・アザールとティーレマンスの成長だ。一方、懸念はDFラインの高齢化。デナイエルが一本立ちしたとはいえ、ヴェルトンゲンとアルデルワイレルドは筋肉系の故障が増えている。かといって2人に取って代わる世界水準の人材は育っていないのが現状だ。もっとも、不安要素はそれくらい。攻撃サッカーで初の頂点を狙う。
 
▼EURO2020予選成績
グループI 1位(10勝0分け0敗/40得点・3失点)
1節・ロシア戦(〇3-1)得点者:ティーレマンス、E・アザール②(PK)
2節・キプロス戦(◯2-0)得点者:E・アザール、バチュアイ
3節・カザフスタン戦(◯3-0)得点者:メルテンス、カスターニュ、ルカク
4節・スコットランド戦(◯3-0)得点者:ルカク②、デ・ブルイネ
5節・サンマリノ戦(◯4-0)得点者:バチュアイ②(PK)、メルテンス、シャドリ
6節・スコットランド戦(◯4-0)得点者:ルカク、ヴェルメーレン、アルデルワイレルド、デ・ブルイネ
7節・サンマリノ戦(◯9-0)得点者:ルカク②、シャドリ、オウンゴール、アルデルワイレルド、ティーレマンス、ベンテケ、ヴェルスハーレン(PK)、カスターニュ
8節・カザフスタン戦(◯2-0)得点者:バチュアイ、ムニエ
9節・ロシア戦(◯4-1)得点者:T・アザール、E・アザール②、ルカク
10節・キプロス戦(◯6-1)得点者:ベンテケ②、デ・ブルイネ②、カラスコ、オウンゴール

▼EURO2020予選のゴール・ランキング
7ゴール:ルカク 
5ゴール:E・アザール
4ゴール:バチュアイ、デ・ブルイネ
3ゴール:ベンテケ 
2ゴール:アルデルワイレルド、メルテンス、他3名 

▼EURO2020予選のアシスト・ランキング
7アシスト:E・アザール、デ・ブルイネ
4アシスト:カラスコ、ルカク
3アシスト:メルテンス
2アシスト:T・アザール、カスターニュ
 

1/2ページ

最終更新:1/12(日) 17:50
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ