ここから本文です

広島 2020年度の新入団選手発表記者会見、育成ドラフト1位・持丸泰輝「會澤翼選手のような日本球界を代表する捕手になります!」

1/12(日) 6:04配信

広島アスリートマガジン

2019年12月9日、広島市内のホテルで2020年度の新入団選手発表記者会見が行われ、期待の若鯉9人がプロ野球選手としての第一歩を踏み出した。同席した佐々岡真司監督は「完璧なドラフトで欲しい選手が全員取れた」と、V奪還に向けての手応えを吐露。大勢のファンクラブ会員を前にしながら、新入団選手たちも物怖じすることなく将来に向けての決意を口にした。

──今どのような気持ちで、ここに座っていますか。
「こんな大勢の方の前で話すのは初めてなので、すごく緊張しています」


──旭川とは違うと思いますが広島の印象は?
「カープファンの方が熱狂的で、熱い方が多いなという印象があります」


──プレースタイルの一番の強みは?
「チャンスに強いバッティングです。(持ち味であるフルスイングの原点は)素振りだったりティーバッティングのときも一球一球、しっかり質の高いバッティングを求めて、そういうところがフルスイングにつながっているのだと思います。北海道は雪が多くてグラウンドで練習ができないので、室内などを使って身体づくりなどを主にやってきました」


──目標としている選手は?
「會澤(翼)さんのように日本球界を代表するような捕手になって、また、チャンスに強いバッティングができるようにしたいと思います」


──會澤選手に実際、聞いてみたいことは?
「幅広く配球しているなと日本代表(プレミア12)の試合を見てすごく思ったので、ピッチャーとのコミュニケーションであったり、バッターとしての極意をすごく知りたいと思います」


──ファンクラブの方からです。広島は初めてとのことですが、お好み焼きはもう食べましたか?
「はい、食べました。朝食のときにお好み焼きがあったので、すごくたくさん食べました(笑)。まず広島に来て一番最初に食べようと思っていたのがお好み焼きだったので、北海道のお好み焼きとはちょっと違って美味しかったです」


──今後の抱負を、ひと言お願いします。
「いち早く一軍の舞台で活躍できるように、また将来的には首位打者をとれるような選手になっていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!」


▼ 持丸泰輝(もちまるたいき)
捕手/旭川大高/2001年10月26日(18歳)/右投左打/177cm・80kg

広島アスリートマガジン編集部

最終更新:1/22(水) 16:19
広島アスリートマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事