ここから本文です

ドライブで駆け抜けたい 英国ウェールズ街道

1/12(日) 12:35配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

「2020年に行きたい世界の旅先25」第7回

ナショナル ジオグラフィックの編集者とエクスプローラーたちが、2020年に行くべき最も心躍る行き先を25カ所選んだ。今年も注目の旅行先リストを発表するため、私たちは17カ国に及ぶナショナル ジオグラフィック トラベラーの編集チーム、そして世界を飛び回っている専門家たちから意見を募った。2020年にぜひ行きたい、持続可能な旅先を紹介する。

ギャラリー:2020年に行きたい世界の旅先25

*****

行くべき理由:広大なルートに気持ちも高ぶる

知っておきたいこと:ウェールズ街道(the Wales Way)とは、3本の新たな国立観光ルートの総称。伝説に満ちあふれたウェールズの最高のスポットを巡ることができる。

 カンブリアン街道は、全長300キロで3つの街道の中で最も長く、ウェールズの内陸を蛇行しながら南北に縦断する。コースタル街道は、カーディガン湾の海岸線を周る290キロのルートだ。北ウェールズ街道は、多くの城が点在し、北東部に位置するクイーンズフェリーからアングルシー島まで、何世紀も前の120キロの交易ルートをたどる。

 各街道を車で旅すれば、さまざまなアドベンチャーを体験できる。スノードン山のハイキングではエベレスト初登頂を果たしたエドモンド・ヒラリーの足跡をたどり、「アドベンチャーパーク・スノードニア」では人工波でサーフィンを体験しよう。ペンブルックシャー海岸を訪れれば、コーステアリング(ロッククライミング、クリフジャンピング、シュノーケリングなどを組み合わせた新アドベンチャースポーツ)にも挑戦できる。

おすすめの時期:5月~6月

楽しみ方:ドラゴン・ツアーズでは、参加者の興味に合わせて個人およびグループの旅行計画を調整してくれる。オーナー兼ガイドのマイク・デイビス氏は、ウェールズの中世史の学位を持っており、観光客がウェールズの歴史を理解するのを助けてくれる。

文=ゼーン・ヘンリー(ナショナル ジオグラフィック トラベラー、英国版プロジェクト担当編集者)/訳=牧野建志

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事