ここから本文です

プロ直伝! ファンデーションをより美しく仕上げる8のコツ

1/12(日) 22:04配信

ウィメンズヘルス

「ファンデーション(土台)」と名付けられているだけに、ファンデーションは塗るだけのシンプルなステップにみえて、実は、メイク全体の仕上がりを大きく左右するほど重要なもの。眉毛や目のメイクのように、顔の印象を劇的に変えるものではないけれど、メイクは土台にこそ力を入れるべき。
そこで、今回は、ハワイを拠点にメイクアップアーティストとして活躍するケシア・リットマンが、ファンデーションを塗るコツを教えてくれた。その内容をアメリカ版ウィメンズヘルスからご紹介。

【写真】「崩れないメイク」で、ハーフマラソンを走り抜く!

1. 色選びは、フェイスラインに3色ずつ試し塗りする

まずは基本の色選びから。自分の肌色と完璧にマッチするものを探すこと。明るすぎたり暗すぎたり、不自然なピンクやオレンジ寄りのものを選んでしまっていることはよくありがち。ファンデーションを選ぶときは、まず、3種類のベース色(オークル系、ベージュ系、ピンク系など)をフェイスラインに同時に試し塗りしよう。手と顔の肌の色には大きな差があるため、手の甲にテスターを塗って判断してはNG。次に3種類の色から1番肌に近い色を選び、それより1つ上と下の色を同時に試し塗りする。おそらく、そのうちの1色があなたの肌とぴったりマッチするはず。

2. ファンデーションは2色使いをする

紫外線を浴びる時間が長い人は、肌の色が均一ではないことがある。リットマンが言うには、「日焼けしやすいおでこは、そうでない部分(顎など)に比べて肌のトーンが変わっている」そう。このような場合は、光が当たりやすい部分に暗めの色を、それ以外の部分に明るめの色を塗ると、自然な仕上がりになる。

3. 肌タイプに合わせてファンデーションを選ぶ

「ファンデーションも、肌タイプの欠点をカバーできるものを選ぶことが重要」だとリットマン。好みやただの当てずっぽうでリキッドタイプやパウダータイプを選んでいるとしたら、今使っているスキンケアアイテムに目を向けてみて。乾燥肌用のスキンケアを使っている人は、乳液で肌を整えた後、シアバターのように保湿力が高いリキッドファンデーションを使うのが◎。普通肌の人は、いろんなタイプを冒険してみるのもいいけれど、リットマンが勧めるのはリキッドタイプ。より自然できれいに仕上がるとのこと。オイリー肌や敏感肌の人には、皮脂やテカリを抑えてくれるパウダータイプのファンデーションがおすすめ。

1/2ページ

最終更新:1/12(日) 22:04
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事