ここから本文です

後悔しらず!仲良しセレブたちが入れた「お揃いタトゥー」

1/12(日) 22:04配信

コスモポリタン

セレブに人気のファッションタトゥー。大事な決意や出来事を刻んだり、時にはアクセサリー感覚で入れたり、その目的は様々ですが、今回は大切な人との絆を刻んだ「マッチングタトゥー」に注目。人気セレブが家族や親友、パートナーと入れたデザインをご紹介します。

【写真】かわいい!愛の証を刻んだカップルの「お揃いタトゥー」8

セレーナ・ゴメス×ジュリア・マイケルズ

2019年11月、長年の親友であり、楽曲「Anxiety」でコラボを果たしたジュリアとマッチングタトゥーをゲットしたセレーナ。二人が手を繋ぐと、それぞれの手の甲に刻まれた矢印がお互いを指すデザインになっており、セレーナは「#私の矢印は永遠にあなたを指している」というキャプションとともに<Instagram>のストーリーズに投稿。仲良しの二人が施術を受ける様子は、タトゥーアーティストの<Instagram>からもチェックして。

ジャスティン・ビーバー×ヘイリー・ビーバー

全身に70個以上のタトゥーを入れているというジャスティンは、2019年12月に妻ヘイリーとのマッチングタトゥーを新たにゲット。ヘイリーが、9月の結婚式直前に首に小さく入れた「Lover」とよく似た字体で、ジャスティンは「Forever」の文字を追加。繋げると、「Forever Lover(=永遠の恋人)」。二人の愛と絆を表現したタトゥーは、どちらも有名タトゥーアーティストのドクター・ウーによって施術されました。

『プリティ・リトル・ライアーズ』キャスト6人

人気ドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』の最終シーズン撮影完了後、シェイ・ミッチェルやルーシー・ヘイルら主要キャストの女優6人でお揃いのタトゥーをゲット。ドラマのオープニング映像でおなじみの「シー!」という内緒ポーズにちなんで、人差し指にそれぞれの役名のイニシャルを刻みました。2010年の放送開始から6年以上に渡った撮影を共にし、切磋琢磨してきた仲間たち。一生の記念にぴったりですね。

ジョー・ジョナス×ソフィー・ターナー

2017年に婚約を発表し、2019年5月にラスベガスで、6月には南仏で、二度の結婚式を挙げたジョーとソフィー。いくつかあるマッチングタトゥーのうちの一つが、婚約発表後に両手首の内側にさりげなく入れた『トイ・ストーリー』の有名なセリフ。「to infinity and beyond(=無限の彼方へ)」の文字通り、永遠を誓い合った二人にぴったりなデザインです。

セレーナ・ゴメス×『13の理由』キャスト

Netflixオリジナルドラマ『13の理由』をプロデュースしたセレーナは、ドラマのキャストであるトミー・ドーフマン&アリーシャ・ボーと「;(セミコロン)」マークのお揃いタトゥーをゲット。鬱病や自殺願望など心に病を抱えた人々を支援する「プロジェクト・セミコロン」というムーブメントの一貫で、『13の理由』が10代の自殺をテーマに扱った内容であることから、製作する中で活動を知り、タトゥーを入れるきっかけになったのだそう。

最終更新:1/12(日) 22:04
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事