ここから本文です

岡村隆史、正月休みに地元で「あおり運転」被害に遭う

1/12(日) 20:32配信

SmartFLASH

 1月9日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村が地元・大阪府茨木市で「あおり運転」の被害に遭ったことを明かした。

 正月休みを地元で過ごした岡村。実家から友人2人と駅前の寿司店までタクシーで向かうと、「ホンマにビックリしたんですけど、アカンってなってるあおり運転に遭うという」と告白。

 店の付近まで来たものの、場所がわからず、スピードを落として走っていると、「ほんなら、後ろからもうすぐですよ。パーッパパパパパって、(クラクションを)鳴らされて。一車線やのに、追い越して横に来るわけ。窓開けて『カーッ!』って言うとんねん」と話す。

 曲がってもその車はついてきて、「窓を開けてワーワー言うてんねん」と回想。周囲を迂回している間に、相手の車は去っていったという。

 岡村は「まさかのこんなん……初めてや。いまの御時世でも、あんなアカンって言うててもあんねん。しかもずーっとついてきて、ずーっと鳴らされた。怖かったわ」と恐れおののいていた。

 あおり運転をめぐっては、昨年8月、茨城県守谷市の常磐道で、男性があおり運転の後に殴られた事件で、同乗していた「ガラケー女」も含めて大きな話題となった。岡村は同年8月22日放送の同番組でこの事件について触れ、「えらいことになっているけど、ほんまドライブレコーダーとかしっかりつけていないと、何がどこでどうなるかわかりませんから」と警鐘を鳴らしていた。

 正月早々、あおり運転を経験した岡村。自己防衛のためにも、やはりドラレコは必須のようだ。

最終更新:1/13(月) 8:49
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事