ここから本文です

薬物・性接待・自殺・兵役…激動のK-POP界、2020年の行方を韓国オタクが斬る

1/12(日) 17:00配信

週刊女性PRIME

 アイドルの薬物使用問題に性接待疑惑、オーディション番組の不正操作、そして相次いだ突然の死……。前代未聞の事件・事故のニュースであふれかえった2019年の韓国芸能界だが、日本のK-POPシーンは好調が続いていて、2020年も大型アイドルのデビューや、人気グループのドーム公演など、明るい話題がめじろ押しだ。ボーイズを中心にマストチェックな動向を、K-POP通の業界人3人が語りつくす!!

【写真】自ら命を絶ってしまったK-POPアイドルたちなど

A 30代。K-POPオタク歴11年の雑誌編集者
B 40代。K-POPの公演レポを手がけるライター
C 20代。韓国イケメン命のカメラマン

BTSが入隊!? 除隊組の今後は

B 今年はBTS(防弾少年団)のジン、EXOのスホなど、K-POPブームを支えてきた人気グループのメンバーが兵役の義務を果たすため入隊すると目されているね。BTSはいちばん年下のジョングクが'97年生まれとまだ若いけど、なるべくメンバー全員の入隊時期を合わせて、グループの“空白期間”を短くする計画だと聞いてるよ。

C EXOはすでにシウミンとD.O.が入隊中だけど、昨年開催した6人体制のコンサートが感動的によかった。「デビュー時は12人だった彼らが6人で!?」って行く前は若干不安だったけれど、円熟味のあるチームワークで“ザ・プロフェッショナル”な公演を見せてくれた。全員の兵役が終わって“完全体”になるまであと数年はかかるはずだけど、30代になっても安泰だと思った。

A 除隊組で注目したいのがSHINee。リーダーのオンユが7月、キーが10月、ミンホが11月に除隊予定。すでに、テミンが自身のソロコンサートで「2020年にグループとして活動する」と宣言しているし、4人がそろい次第、すぐに活動してくれるのを期待したいね。

B ほかにも、2PMはJun.Kが1月2日に除隊ずみで、ウヨンは2月に除隊。CNBLUEは昨年11月に除隊したジョン・ヨンファに続いて、カン・ミンヒョクとイ・ジョンシンが3月に除隊。彼らには根強いファンが多いだけに、日本活動は早いタイミングで再開するんじゃないかな。

 BIGBANGは、4月にアメリカの音楽イベントで除隊後初ステージを行うと発表されたね。でも、韓国ではまだ性接待疑惑などで捜査を受けている元メンバーのV.Iの件などでバッシングが続いているから、日本活動はもう少し先になると読んでる。

1/2ページ

最終更新:1/12(日) 17:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ