ここから本文です

スカーレット俳優・林遣都 熱愛の元AKBセンターは”同棲未遂”宅を飛び出した

1/12(日) 19:00配信

文春オンライン

  3月28日の最終回に向け、折り返し地点にさしかかったNHKの連続テレビ小説「スカーレット」。1月11日に放送された第84回では、主演の戸田恵梨香(31)演じる喜美子と夫・八郎の間に仕事をめぐって不穏な空気が流れる中、幼馴染みの信作と喜美子の妹・百合子がついに「結婚を前提に」交際することになり、ネットは大盛り上がりを見せている。

【写真】直撃に笑顔で答える島崎遥香(6枚)

 信作を演じる林遣都(29)といえば、12月28日、元AKB48の”ぱるる”こと島崎遥香(25)との ”熱愛同棲未遂” を「週刊文春デジタル」が報じたばかり。現実世界での林の恋は現在でも煮え切らない。

  林と島崎は2018年、米倉涼子主演のドラマ「リーガルV」(テレビ朝日系)で共演。それをきっかけに、島崎が林に積極的にアプローチして交際に至った。2019年6月には林の自宅マンション付近のスーパーでデートする姿が近隣住民に目撃されている。12月28日の報道後も、取材班の元には横浜市内のアミューズメントパークでのデート情報などが寄せられた。

「島崎は、頻繁に林の自宅にお泊まりしていて、これまで撮られないのが不思議なくらいだった。昨年夏に林との同棲の話が進んだのですが、スケジュールの都合でなかなか都合がつかず、結局11月末に林の住む部屋に島崎が引っ越ししたのです」(林の知人)

 だが、島崎の引っ越し数日後、林はその自宅を離れ、都内のマンスリーマンションで寝泊まりするようになった。内実を知る関係者は「すでに2人は破局していた」と話すのだが……。

【写真】島崎は林の自宅近くのマンションで……

「『スカーレット』の撮影の関係で秋頃、林は関西に長期滞在していた。結局、2人は遠距離恋愛のかたちになり、”かまってちゃん”である島崎の性格もあって、関係はもたなかった。家を引き払って越してきた島崎は、新しい家が決まるまでは林の自宅に住む形になったのです。今年1月初旬には林の自宅を出る約束をしていたそうです」(同前)

 12月某日、島崎の姿が、林の自宅の最寄駅のすぐ近くにあるマンションにあった。不動産業者と思しき男性と物件の資料を見ながら内見する島崎は、ピンクのコートにマスク姿。家に帰る足取りは重かった。

「島崎は10代の頃からずっと麻布や白金といった港区内に住んでいました。引っ越して再び港区内に戻るのかと思いきや、探していた物件は林くんの家の近所。未練が残っているのかも知れません。ちなみに島崎も林くんも12月初め、取材に気付いて、かなり警戒していました。

 別れた細かい理由は聞けていません。彼女はアイドル時代から、なかなか本音を口にすることのない子なので。ただ、『終わっちゃったんだよね~』と洩らしていて、とても寂しそうでした。彼女はこれまでもあまりいい恋ができていなかったから……」(島崎の友人)

 12月28日、島崎は取材班の直撃取材に、「同棲も交際もしていません」と100%のアイドルスマイルで明るく答えていた。結局、島崎は林の自宅マンションの近所に新居を借りたという情報もあるが、はたして。

「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル

最終更新:1/12(日) 23:18
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事