ここから本文です

『ARP Backstage Pass』先行上映会に井上和彦・駒田航が登壇! ARPのビデオメッセージも!

1/12(日) 17:10配信

アニメージュプラス

1月13日(月・祝)よりTOKYO MX他で放送が始まるTVアニメ『ARP Backstage Pass』。その第1話先行上映会が、11日(土)に東京・池袋HUMAXシネマで行われ、理事長を演じる井上和彦さんと、松本晴臣を演じる駒田航さんが登壇した。

【関連画像】イベントの様子と場面カットなど(写真16点)


ゲスト登壇を前に、まずはARPからのビデオレターが上映された。シンジは「今回はね、話によってフィーチャーされるメンバーが変わるんですけど、メンバー全員が主役ですから。僕らも全力で制作に取り組んでいます」とメッセージ。ダイヤは「ステージシーン、マジで最高の出来だから。ホント、期待してくよな」と見どころアピール。レオンも「ドラマのシーンも、みんなめっちゃ頑張ってますので、期待してな?」と予告し、レイジは「是非、毎週レイジとテレビで会える幸せを噛み締めてくれ」と期待をあおった。

ここで井上さんと駒田さんが登壇、MCはニコニコ生放送で放送しているラジオ『Amazing Radio Performers on the WEB』にてナビゲーターを務めている星野卓也さん。

井上さんはARPのアフレコ収録の様子について「音楽的に天才的な感性を持っている人たちなのでリズム感がいい。コツを掴むとパッとできる」とセンス絶賛。レイジについては 「レオンがいないと、レオンの部分まで声を当てようとする」と明かし、シンジについては「面倒見がよくて、ここはこうした方がいいよとアドバイスしている」と舞台裏を紹介した。ダイヤは「インターバル中に筋トレを始める。しかも普通の筋トレじゃなくて、超高速でやるやつ。さすがに『スタジオではやめて!』と言いました」と笑わせた。

レオンについて井上さんが「セリフをよく噛むけれど可愛い奴です。収録と普段の時と気張らず変わらないのがいい。レオンの声を聞いていると、心が洗われる。とうの昔に僕が忘れたものを思い出させてくれる」と才能に驚嘆すると、駒田さんも「声を当てる中で、ある程度の気持ちの切り替えというものがある けれど、レオンは挨拶してそのままブースに入って声を当てる感じ」と驚いていた。

またメンバーたちの驚いた行動について井上さんは「彼らは度胸があるので、収録のギリギリにくる。大先輩の僕が最初に現場入りして、最後にレイジが来る感じ」と明かすも、「彼らにはそのままで演じてほしいので、4分くらいの遅刻は大目に見ますよ」と寛大さを示して、駒田さんに「さすが理事長!」とリスペクトされていた。

収録時のハプニングに話題が及ぶと「ダイヤのスマホの音声認識が収録中に起動した!」と井上さん。駒田さんは「しかも絶妙な間で起動して『わかりません』と話しだしたりして」と思い出し笑い。またレイジについて井上さんが「レイジは人のアドバイスを聞く。見かけによらず素直だね」と意外な印象を口にすると、駒田さんも「レイジはアドバイスを受けると、すぐに試したいらしく、やってみて『違くないですか?』とか『確かに!』とか言う」と無邪気な姿を報告した。井上さんは「ただほかの人がセリフを言っているときに、『どうですか? カッコよくないですか!?』とか言ってくるのは...。自分が大好きなんでしょうね」と!」ぶっちゃけて笑いを誘った。

最後に井上さんは放送に向けて「想像以上のワクワクが待っています。これまではARPの表の部分が描かれていましたが、今回はそうじゃない部分が描かれており、それが新しいです」と見どころをアピール。駒田さんは「僕が演じた松本晴臣がARP誕生の起点になった部分もあり、彼らのこれまでの出会いやバックボーンが見えてきて理解も深まるし、より一層彼らを応援したくなるはずです」と放送に期待を込めた。

トークショーの後、第1話と、本作の主題歌『Burn it up』のライブ映像が上映された。ライブが始まると、会場内にペンライトが光る姿が見られた。

そしてこの日、2つのニュースが発表された。1つ目は、2月9日にARP Backstage Passスペシャルイベントの開催。場所は東京・池袋HUMAXシネマズ。シンジとダイヤが生中継で出演する他、詳細は後日発表されるとのこと。もう1つは、1月28日より、ダイヤとレイジがARPに入る前に組んでいたバンドCROSS BONEの『Black Sapphire』配信決定だ。この曲は第1話で披露されるので、13日の放送をお楽しみに!

(C)ARPAP (C)YUKE’S Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

阿部 雄一郎

最終更新:1/12(日) 17:10
アニメージュプラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ