ここから本文です

菜乃花、30歳を機にイメージDVD卒業「人一倍揺らしてきた」

1/12(日) 20:02配信

ザテレビジョン

グラビアを中心に活躍中のタレント菜乃花(なのか)が、12月20日に“ファイナル”イメージDVD&Blu-ray「Last Message」(ラインコミュニケーションズ)を発売。東京・秋葉原でファンイベントを開催し、囲み取材に応じた。

【写真を見る】純白ウエディング衣装を身にまとう菜乃花

昨年7月頃、沖縄で撮影された本作。今回がイメージ作品としては“ファイナル”ということで、菜乃花は「今回が最後の作品になるということで、最後だから特別なことをしようというよりは、今までやってきたことを忠実にギュッと詰め込んだ作品にしようと思いまして。

最初からしてきた海岸で撮るとか…新しいグラドルちゃんたちの教科書になるような作品になったらいいなと思って作ったんですね。

それとプラスして、一番今までで私と距離が近く感じられるような作品にしたいなと思って、スッピンでスーパー行って買い物して、帰ってきて一緒にご飯を食べるというシーンが入っています。

そういうことを今までしたことはなかったので、そこが新しいかなと思うので、見どころになっています」と作品に込めた思いを明かした。

ラストということに関して菜乃花は「去年で30歳を迎えまして、きりのいいところでというか、体力的にも精神的にも楽しくできているが30歳までだったんですけど。

おっぱいも海岸とかで揺らしまくって、人一倍揺らしてきたので、プロとしてやってきたんですけど、30歳を迎えて、これからは自分の体を労わってあげたいなという気持ちもあって。

しれっと(グラビアを)やめていくということが、私の中では嫌だったんですよ。いつの間にか出さなくなったねってなるより、ちゃんとこれが最後ですって言ってお別れをしたかったんですね。

わざわざ最後という必要はないとも言われたんですけど、きちんと最後ですって終わろうと思って決断しました」と率直な心境を告白。

記者からは「グラビア自体も卒業ですか?」との質問も寄せられた。菜乃花は「イメージDVDを最後の作品としただけで。30歳になって体も疲れてきて(笑)」と説明し、映像としてのグラビアは、これで卒業するとのこと。

気になる今後については「20代の頃はグラビアアイドルという自覚を持ってやってきた部分があるんですけど、逆にグラビアアイドルだからこうしなきゃいけないという部分もあって。

もうちょっと楽しく、気の向くままに、やりたいなと思うことを仕事としてやっていきたいなと思っています」と希望を口にした。

さらに今後は裏方的な、プロデュース的な仕事にも興味を持っているとのことで、また違った分野で菜乃花の活躍が見られるかもしれない。(ザテレビジョン)

最終更新:1/12(日) 20:02
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ