ここから本文です

英紙「マンU史上最高の選手ランキング」発表! “トップ20”に食い込んだ名手は?

1/12(日) 20:50配信

Football ZONE web

C・ロナウドが9位、歴代最多得点数を更新したルーニーが8位にランクイン

 英紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」が、マンチェスター・ユナイテッド史上最高の選手ランキングを発表した。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)が9位にランクインし、トップ20には名手がズラリと並んでいる。

【一覧】英紙選定「ユナイテッド史上最高の選手トップ20」

 母国ポルトガルの名門スポルティングCPでデビューを果たしたロナウドは、2003年に当時18歳でユナイテッドに加入し、09年まで同クラブでプレー。名将アレックス・ファーガソンの下で世界的スターへと成長を遂げ、同クラブで3回のプレミアリーグ制覇、リーグカップは2回優勝。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)、FAカップ、コミュニティーシールド、クラブ・ワールドカップをそれぞれ1回ずつ制した。ユナイテッド時代にバロンドールも獲得している。

 続いて8位にランクインしたのは、2004年から17年まで所属した元イングランド代表FWウェイン・ルーニー。ユナイテッドでのデビュー戦となったフェネルバフチェ戦で、当時18歳FWは3ゴール1アシストの活躍を見せ、人々を驚かせた。ユナイテッドで獲得できる全てのタイトルを手にするだけでなく、サー・ボビー・チャールトン氏の保持していた歴代最多得点数も更新し、計253ゴールをマークした。

 トップ3に選出されたのは、往年の名手たちだ。1966年バロンドールを受賞し、ルーニーに抜かれるまでクラブ通算249ゴールで歴代最多記録を守ってきたチャールトン氏が3位。68年ヨーロッパカップ決勝のベンフィカ戦でアディショナルタイムにゴールを決めて優勝の立役者となり、同年にバロンドールも受賞した元北アイルランド代表FWジョージ・ベスト氏が2位に選ばれた。

1位はイングランド史上最もタイトルを獲得した名アタッカー

 映えある1位に輝いたのは、元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏だ。

 ユナイテッドがプレミアリーグで優勝した全てのシーズンに出場し、ゴールを決めている唯一の選手であり、プレミア優勝は実に13回。コミュニティーシールド優勝9回、リーグカップとFAカップをそれぞれ4回ずつ制し、2回のCL優勝。クラブ・ワールドカップ、インターコンチネンタルカップ、UEFAスーパーカップもそれぞれ1回優勝と、計35個のタイトルを獲得した。

 プロデビューから引退までユナイテッド一筋のアタッカーは、イングランド史上最もタイトルを獲得した選手であり、その活躍ぶりと実績を考えれば納得の選出と言えるだろう。

Football ZONE web編集部

最終更新:1/12(日) 23:12
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事