ここから本文です

「衝撃的なフィニッシュ」 U-23日本代表MF相馬の同点ミドル弾をAFC称賛「歓喜を爆発」

1/12(日) 23:20配信

Football ZONE web

相馬がシリア戦で鋭いミドルシュートで同点弾

 U-23日本代表は現地時間12日、東京五輪の最終予選も兼ねたU-23アジア選手権の第2戦でシリアと対戦。先制点を許すも、前半30分にMF相馬勇紀(名古屋グランパス)がミドル弾を決め、1-1の同点でハーフタイムを迎えた。AFC公式ツイッターは相馬の一撃に「衝撃的なフィニッシュ」と称賛の言葉を送っている。

【写真】背水の陣のシリア戦、同点弾のU-23日本代表MF相馬が歓喜のポーズ

 初戦のサウジアラビア戦を1-2で落とし、負ければ敗退という後のない状況となっているが、前半9分にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末、ペナルティーエリア内でのDF町田浩樹(鹿島アントラーズ)のファウルを取られた。与えたPKを決められ、早々にビハインドを背負う展開となった。

 それでも前半30分、日本が怒涛の攻め込みを見せ、左ウイングバックに入った相馬がペナルティーエリア手前から右足のミドルシュートを放つ。これは相手DFのブロックに遭うも、再びボールを拾うと、今度は相手守備網をすり抜ける見事なコントロールショットとなり、ゴール右隅に流れ込んだ。

 AFC公式ツイッターは相馬の同点弾について「相馬が衝撃的なフィニッシュでスタジアムを沸かせた。サムライブルーのサポーターは歓喜を爆発させている」と投稿し、賛辞を送っていた。

Football ZONE web編集部

最終更新:1/13(月) 0:21
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ