ここから本文です

六本木からナンパ目的の若者は消えた!? 港区女子が語る実情

1/12(日) 15:54配信

週刊SPA!

 2020年、東京では広域で再開発ラッシュが起こっている。超高層ビルが立ち並び、クリーンな街づくりが進む一方、都会の街は夜になると顔を変え、大麻や殺傷事件など物騒な話題が世間を騒がせた。そんなヤバいニュースのさらなる裏側や、ニッチだが知っておきたい闇情報を、夜の街のプロフェッショナルから総ざらいする!

⇒【写真】閑散としているミッドタウン近くの公園

ナンパ目的の若者は消え、真の富裕層が派手な夜を過ごす「六本木」

 金持ちの街というイメージがある六本木だが、最近はその色がより濃くなっている。「総じて一見さんが遊びにくくなった」と語るのは、パパ活やギャラ飲みで生計を立てる港区女子のナツミさん(仮名)。

「六本木のラウンジやバーなどは会員制が多い。それらのツテがない大学生などはクラブや路上でナンパするのをよく見る街でしたが、最近は全くです。クラブは外国人ばかりでナンパスポットからはほど遠く、若者は渋谷のクラブに流れてしまっているようです」

 数年前まではナンパや若い男女のイチャイチャスポットとなっていたミッドタウン近くの公園も、いまは閑散としているという。

 ギャラ飲みやパパ活がアプリなどで一般化したことも、金持ちとそうでない人を分断する要因に。

「普通のOLまでもギャラ飲みをしていますが、本当のお金持ちや芸能関係者は依頼しない。一部の“古参港区女子”の需要は高まり、年収も上がっています」

 一部では違法薬物も横行しているようだ。

「より刺激を求め、大麻やコカインを会員制のお店で使用する富裕層も。それらの影響もあり、閉鎖的な街になってしまいました」

 ショークラブ「バーレスク東京」のディレクター、内藤良太氏は“六本木バブル”を実体験。

「仮想通貨で億り人になった人がチップを一晩で300万円分くださることもあり、夜の景気は上々です。僕がホリエモン氏の誕生日会で『和牛マフィア』に行ったときは、上場企業の社長らが1人前15万円の肉を頼み、さらに僕が4万円のウニをのせて作った“牛肉うにのせ”を他の関係ないお客さんにまで振る舞うなど、日々派手に遊んでいますよ」

 大人の金持ちが勢いを増す街。バブルは続くのか?

1/2ページ

最終更新:1/12(日) 15:54
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事