ここから本文です

白鵬に一代年寄を認めるか ヨネスケ氏、やくみつる氏の見解

1/13(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 国民の意見が二分されるテーマは様々な事柄にわたっている。横綱・白鵬の一代年寄について、『週刊ポスト』読者アンケート(※)では、【認める】52.6%、【認めない】45.5%と真っ二つに分かれた。相撲通の論客にそれぞれの見解と、その理由を聞いた。

【写真】やくみつる氏は「相撲の本質」を説く

●ヨネスケ氏(落語家・認める派)

 34歳8か月で43回の優勝ですからね。一代年寄を与えないと、日本出身じゃないからだと解釈され、差別問題、国際問題になってしまう。

 決定権は協会にあるが、一代年寄は功績著しい力士が、引退後も現役時代の四股名を名乗れる制度なんでしょう。白鵬に認めなければ、今後、(優勝回数22回の)貴乃花に匹敵する日本人横綱が出てきても、与えられなくなりますよ。

 たしかに品格は問題。ただ、それを理由に認めないなら、本人にはっきり、“エルボーや張り手を使ってどんなに優勝しても、一代年寄は認められないよ”と言うべき。万歳三唱、三本締めにしても、日本の文化を知らないのだから、教えてあげないと。

 問題はあっても、八百長問題などの時に矢面に立ち、信頼回復に努めてきたのは白鵬じゃないですか。

●やくみつる氏(漫画家・認めない派)

 厳しいようですが、一代年寄どころか、年寄株すら継がせてよいのかというレベルだと考えます。

 カチ上げや張り差し、インタビューでの万歳三唱や三本締めなどは枝葉末節で、最も本質的な問題は立ち合いの呼吸を合わせようとしない取り口。相撲は両手を付いて、呼吸が合ってから同時に立つ。どんな変化技も、呼吸が合ってからの動きです。

 ところが、白鵬は自分の間合いでなければ待ったをする。横綱でありながら、立ち合いの呼吸を外すことに専心している。それは相撲人として本質を見誤っていないか、それで弟子を指導できるのか。

 協会は“そこを改めなければ年寄株をやらないぞ”という意思表示が必要でしょう。優勝回数で大鵬(32回)を抜いたからといって、同じように尊敬の念を抱かれるわけではないのです。

【※本誌読者アンケート「2020年日本の重要問題について意見をお伺いします」から集計。998人が回答。100%に満たない部分は無回答】

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

最終更新:1/13(月) 7:36
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事