ここから本文です

広島 2020年度の新入団選手発表記者会見、育成ドラフト2位・木下元秀「自分の魅力は長打力。目指すのは鈴木誠也選手です!」

1/13(月) 6:03配信

広島アスリートマガジン

2019年12月9日、広島市内のホテルで2020年度の新入団選手発表記者会見が行われ、期待の若鯉9人がプロ野球選手としての第一歩を踏み出した。同席した佐々岡真司監督は「完璧なドラフトで欲しい選手が全員取れた」と、V奪還に向けての手応えを吐露。大勢のファンクラブ会員を前にしながら、新入団選手たちも物怖じすることなく将来に向けての決意を口にした。

──この場を迎えての今の気持ちは?
「本当にこんなに人が多い前でしゃべる事はなかなかないので目が点になっています」


──性格的には、どのようなタイプですか?
「関西出身で、すごくしゃべるのが好きで(性格も)明るいので。はい、そういう感じです」


──隣の玉村投手もかなり話されていましたが、チームにはすぐに馴染めそうですか?
「そうですね。でも(僕は)関西なので……しゃべるのは負けないので、はい」


──将来的に目指す打撃スタイルは?
「自分はやっぱり長打力が魅力だと思うので、(長打もありながら)そこで打率も残せるようなバッターになりたいと思っています」


──高校時代に一番成長した部分は?
「いろいろケガもありましたし、そういうところから精神面はすごく成長できたかなと思います」


──敦賀気比高出身の素晴らしい選手も、カープにはいますが何か盗みたいものはありますか。
「まだ実力がないので、カープの選手みんなに打撃の事を聞きたいと思います。(カープは)すごく強いチームですし、ファンのみなさまのカープ愛がすごいので僕らも(愛を)返そうかなと思います」


──目標にする選手は誰でしょうか?
「鈴木誠也選手みたいな長打力もあって、打ったあとのガッツポーズが魅力なので、僕もあれができたらいいなと思っています」


──これまで練習で一番きつかったメニューは?
「素振りしてからの一発芸というものがありまして、息が切れてからの一発芸がきつかったです(笑)」


──では最後に抱負を、ひと言お願いします。
「一日でも早く支配下登録されて、みなさんの前で試合をできるように頑張りますので応援をよろしくお願いします!」


▼ 木下元秀(きのしたもとひで)
外野手/敦賀気比高/2001年7月25日(18歳)/左投左打/183cm・83kg

広島アスリートマガジン編集部

最終更新:1/22(水) 16:18
広島アスリートマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事