ここから本文です

驚異的なチェンスビードを誇るSTIHLの世界初電子制御フューエルインジェクションチェンソー「MS 500i」

1/13(月) 7:07配信

@DIME

スチールに登場した世界初の電子制御フューエルインジェクションチェンソー『STIHL MS 500i /MS 500i W』。

※画像ありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

優れた電子制御フューエルインジェクション技術は、トルクの向上のみならず、エンジンの加速性能が飛躍的に向上し、チェンスピードが0 km/h から 100 km/h に達するまで、わずか0.25秒という驚異的な加速力を持っている。

エンジンチェンソーの新たな時代の幕開け


さらに、軽量化を意識したデザインとそのエンジンパワーにより、これまでのチェンソーでは得られなかった、1.24 kg/kWという圧倒的なパワーウェイトレシオを達成している。

また、MS 500iのエンジン始動は極めてスムーズで、始動後、暖機運転を必要としない。各種センサーにより、温度などの周辺環境を測定し、標高や気温の高低などの作業条件に左右されることなく、エンジン始動後すぐに最適な出力を得ることができる。



MS 500iは、軽量スプロケットカバー、コンパクトに設計されたエンジンユニットなど、同排気量帯のチェンソーと比較し、非常に軽量で扱いやすくなっている。また、ジャイロ効果を低減するデザインのフライホイールや、そのフライホイールとクランクシャフトのバランスを最適化する設計により、作業時の機械の取り回しを良くしているのも特徴だ。

これは激しく機械の向きを変える枝払い作業時に威力を発揮し、その取り回しの良さと、抜群の加速性により、疲労が少なく、効率的で快適な枝払い作業を行うことができる。



構成/ino

@DIME

最終更新:1/13(月) 7:07
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事