ここから本文です

渋谷スクランブルスクエアのここがおもしろい!──若手エディターたちがチョイス!

1/13(月) 9:40配信

GQ JAPAN

2019年11月1日(金)に渋谷スクランブルスクエアがオープンした。 『GQ JAPAN』編集部はすぐ近く。そこで若手編集部員4人が、213店舗のショップ&レストランが入居するこのランドマークのオススメのお店をご紹介!

”渋スク”でチェックすべきショップはここ!

若手エディターが選んだ!

稲垣邦康 デジタル・エディター
トラベルがテーマの「EMPORIO ARMANI SATELLITE」
エンポリオ アルマーニの「世界初のコンセプトストア」という点にまず注目されたし。オープン時のテーマはトラベル。テーマが変われば店もそっくり変身するのだという。さて、飛行機好きのボクは、「最後の1着です!」の言葉に吸い寄せられて限定品のプルオーバーを購入。旅にいいかも。あと、常時販売されるエンポリオ アルマーニのロゴ入りラベルのミネラル・ウォーターも。お値段は150円(350ml)と200円(500ml)。ロゴのぶんだけチョイ高だけど、うれしかったぁ。


近藤玲央名 ジュニア・デジタル・エディター
ナイキの新業態「NIKE BY SHIBUYA SCRAMBLE」
シューズとウェアに加え、ショップ限定のTシャツなども取り扱う「NIKE BY SHIBUYA SCRAMBLE」は、店舗周辺のナイキ会員からの意見やデータをもとに、商品ラインナップを2週間ごとに更新する。さらに、店内に設置された自動販売機型の“NIKE アンロック ボックス“では、3週間に1度、特典や製品などのギフトを“無料“で受け取れるというから驚きだ。いつ訪れてもフレッシュな新ストアには、買い物目的でなくともついつい足を運んでしまいそう!


篠原泰之 ジュニア・ライフスタイル・エディター
限定商品がアツい! 「bonjour records SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE」
独自のセンスでレコードや洋服、雑誌などを取り扱うセレクトショップ、ボンジュール レコード。渋スク店がオープンするちょうど1週間前、ルミネ新宿店にてリチャードソンの黄色いダウンジャケットを購入したのは筆者です。渋スク店をチェックしに行くと、同店限定という同型の黒色ダウンを発見! 色違いを購入するか現在検討中です。懐は寒いけど身体は暖かく冬を越せそう……。他ブランドの限定アイテムもあるそうなので定期的に要チェックです。


松村亜希 ジュニア・ライフスタイル・エディター
日本初上陸のパティスリー「MORI YOSHIDA PARIS」
1階にオープンした「MORI YOSHIDA PARIS(モリヨシダ・パリ)」は、パリ7区ブルトゥイユ大通りに店を構えるパティスリーの日本1号店だ。伝統的なフランス菓子に独自の解釈を交えた菓子は、“映え“を意識しないシンプルなスタイル。素材の味をいかした甘さ控えめの味付けがフランス人男性に人気だとか。夕方には売り切れてしまうという渋スク限定のモンブランは、争奪戦必至。行列嫌いなフランス人も並んで買うという菓子をぜひ日本で味わってほしい。おいしかったです。


INFORMATION
渋谷スクランブルスクエア
東京都渋谷区渋谷2-24-12
TEL:03-4221-4280(ショップ&レストラン)
営業時間:営物販・サービス(地下2階~11階、14階) 10:00~21:00
レストランフロア「FOODIES SCRAMBLE(フーディーズ スクランブル)」 (12階 11:00~23:00、13階 11:00~24:00)
※一部店舗については、営業時間が異なります
47階建ての建物の14階、45階、46階、屋上に完成した「渋谷スカイ」は、日本最大級の屋上展望台空間にして渋谷エリア最高の地上高約230メートル!

文・GQ JAPAN編集部

最終更新:1/13(月) 9:40
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ