ここから本文です

【RISE】ワンディトーナメントは直樹が2連続KOで制覇

1/13(月) 22:30配信

ゴング格闘技

「RISE 136」
2020年1月13日(月・祝)東京・後楽園ホール

▼第7試合 RISE WORLD SERIES 2020 -63kg出場決定トーナメント決勝 3分3R延長2R
×北井智大(チームドラゴン/ライト級3位)
TKO 2R 2分50秒
〇直 樹(BRING IT ONパラエストラAKK/ライト級4位、スック・ワンキントーン スーパーライト級王者)
※直樹がトーナメント優勝。WSへの出場権を獲得。

【写真】直樹の連打で北井は防戦一方に

 2020年4月より開幕する『RISE WORLD SERIES 2020 -63kg Tournament』への出場権を懸けたワンディトーナメントの決勝戦は、北井と直樹で争われることになった。

 1R、前へ出るのは北井。右ローを蹴ってパンチを振るう北井に、直樹はパンチをかわしてパンチを打ち込む。北井の手数と右ストレートに直樹は的確なジャブで対抗。北井のパンチをガードして左フックを叩き込む。

 2R開始と同時に仕掛けていくのは北井。打ち合いとなり、お互いに相手の頭をはげあげるが、直樹のパンチが思い。ヒザ蹴りも混ぜる直樹。次第に直樹の右を被弾する場面が増える北井。左右のショートが入ったところでレフェリーがダウンを宣告する。

 北井のパンチをかわし、的確に左右フック、右ストレート、右アッパーをヒットさせていく直樹。連打からの左フックでダウンを追加し、最後に北井が血しぶきをあげながらガムシャラに打ち合いに行くが、直樹の左フックが入って北井がグラついたところでストップ。直樹が2試合連続KOでトーナメントを制した。

 直樹はマイクを持つと「マイクを持ててよかった。僕はこれで2つKOしたので時間巻いたので長めに喋ってもいいですかね。今日成人の皆さんおめでとうございます。これで僕、次4月から始まる世界トーナメントの代表に決定しました。次、大阪で遠いですけど応援来てくれるでしょう? 世界トーナメント必ず優勝するので応援よろしくお願いします。この後、僕の階級のタイトルマッチですが、俺抜きでタイトルマッチやっているのおかしいでしょう。今年中に世界トーナメントとRISEの60kgのベルトを獲ります」と、思いつくままにマイクで語った。

最終更新:1/13(月) 22:30
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ