ここから本文です

グループリーグ敗退のU-23日本…「勝負強さ」「勝負勘」森保監督が語った敗因とは?

1/13(月) 0:39配信

SOCCER DIGEST Web

「先制点は許したものの、勝利できたかもしれないという展開の中で…」

 1月12日、U-23アジア選手権グループリーグ第2戦の、U-23日本代表対U-23シリア代表の一戦が、タイのタンマサートスタジアムで行なわれ、1-2で日本が敗れ、グループリーグ敗退が決定した。

 試合は、前半7分にシリアのCKからのクロスボールの競り合いで、ペナルティエリア内でアルナウトと町田浩樹が交錯。一度は流されていたものの、VARからオンフィールドレビューを行い、シリアにPKが与えられた。このPKをキッカーのバラカトに決められ、前半9分に日本が先制点を許した。

 反撃したい日本は、両サイドを有効に活用し攻撃の機会を増やす。すると30分、この日左サイドで先発の相馬勇紀がカットインからシュート。跳ね返ったボールを再び右足でグラウンダーのシュートを放つと、ゴール左隅のネットを揺らし1-1の同点に追いつく。

 しかし、日本が攻勢に出ていた中、87分にカウンターから交代出場のFWダリに得点を許し、1戦目と同じような展開で1-2の敗戦を喫した。

 グループリーグでの敗退が決まってしまった、日本の森保一監督は試合後のフラッシュインタビューで以下のようにコメントした。

「選手たち、スタッフが非常に良い準備をしてくれて、先制点は許したものの、勝利できたかもしれないという展開の中で、2試合とも落としているので、勝負強さというところをしっかりとつめていかないといけない」

 またこの試合の敗因を聞かれ以下のように語った。

「攻撃の回数はそんなに受けていないと思いますけど、最後の時間帯を苦しくなったところをしっかりと凌ぐというのは、試合前から言っていたところ。勝負勘というものを若い選手たちがこれから培って行ってもらえればと思います。

 我々は(グループリーグ敗退で)3試合になったとしても全力を尽くして戦っていきます。我々を応援してくれた方々に対して最後まで戦う姿勢というのをチームとして見せていきたいと思います。選手たちにもこの悔しさを糧にしてもらえるように、もう一戦頑張っていきたいと思います」

 東京五輪予選を兼ねる今大会。開催国枠での出場が決まっているとはいえ、2連敗で大会を後にすることとなった日本。勝点0のままでは終われない。1月15日に行なわれる第3戦のカタール戦では、五輪への希望が見える試合で締め括ってほしい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:1/13(月) 1:42
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事