ここから本文です

【名古屋】ジョーとのレギュラー争いも「ポジションを奪うつもりできた」新ストライカー山﨑凌吾の覚悟

1/13(月) 23:34配信

SOCCER DIGEST Web

「これまでのプレーを変えるつもりはない」

 昨季は2年連続でJ1の残留争いを戦った名古屋が、マッシモ・フィッカデンティ監督の下での巻き返しを誓い、1月13日に新体制発表会を行なった。

【名古屋 新体制PHOTO】スローガンはAll for NAGOYA ~進化~。阿部、稲垣、山﨑ら新加入選手も加わり名古屋“ファミリー”と共に優勝を目指す!!

 今オフには川崎からMF阿部浩之、広島からMf稲垣祥、湘南からFW山﨑凌吾らを獲得。そのなかで「ゴール、アシストを狙いながら攻守でハードワークして、味方を助ける動きや、前線で身体を張って、より多くのチャンスを作れるようにしていきたい」と意気込むのは、187センチ・80キロと体格の良さが光るFW山﨑だ。

 湘南から名古屋への移籍の決め手は「評価していただいて、チャレンジをしたい、このチームでさらに上に行きたい」との想いだったという。
 もっとも名古屋には一昨季、J1得点王に輝いた元ブラジル代表FWジョーがいる。レギュラー獲得のためには、高い壁を越えなくてはいけないが、「覚悟はある」と話す。

「誰が見てもトッププレーヤーですし、自分が学べるところもたくさんあると思います。その中でも僕はポジションを奪うつもりでこのチームにきました。その覚悟があっての決断でした」

 そしてこう続ける。

「これまでのプレーを変えるつもりはないので、泥臭くやって、ハードワークして、前で収めて、ゴール前に飛び込んでもいく、プレーの連続ができるところが自分の良さだと思います。もちろん(ジョーと)ふたりで出る場面もあると思うので、誰とでも合わせられるのも自分の良さなので、そこもアピールしていきたいです」

 27歳のストライカーの新たな挑戦が始まろうとしている。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:1/14(火) 12:36
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ